2017
06.13

わにとかげぎすの原作の感想まとめ「視点が芥川龍之介」「独特の世界観」

2017年7-10月期, わにとかげぎす

[ PR ]

夏の新ドラマ『わにとかげぎす』には原作となる漫画版が存在します。
そちらの感想はどんな感じなのかまとめていきたいと思います。

なんと稲中の作者の漫画なのね!

スポンサードリンク

「わにとかげぎす」の原作の感想まとめ

「わにとかげぎす」とは?

わにとかげぎすは深夜のスーパーマーケットで警備員をしている富岡ゆうじ(38)は日々の生活に疑問や不安を感じ、
ある夜流れ星に「友達が欲しい」と願ったところ、富岡に一目惚れする謎の隣人女性・羽田梓(24)が現れる。
しかし、その気持ちには全く気付かない富岡。
さらに謎のホームレスオヤジの登場や、「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状が送られてきたりなどで富岡の人生は一変していく…という、一見ハチャメチャな稲中の作者らしいあらすじです。
が、奥が深いということで話題になった漫画でもあるのです。

この物語をドラマ化したものがドラマ版「わにとかげぎす」です。7月19日スタートで水曜夜11時56分から放送、主な出演者は以下になります。

富岡ゆうじ:有田哲平(くりぃむしちゅー)
羽田梓:本田翼
花林雄大:賀来賢人
雨川勇:吉村界人
吉岡華:コムアイ(水曜日のカンパネラ)
島田裕至:DOTAMA
川上:福山翔大
堀田:ACE
上原洋介:淵上泰史
東金直哉:村上淳
ホームレスのオヤジ:光石研

まさかの有田哲平さんが主演です!
調べたら今まで6回ドラマへの出演経験ありますが、主演は初めてです。

初主演の有田さん。わたしは、非常に期待していますよ~

スポンサードリンク

原作版わにとかげぎす感想まとめ

ネットでは早速『わにとかげぎす』に対する期待の声が出ています。

ポジ

「先が読めない展開でワクワクさせてくれる漫画」
「主人公の感情がリアルに表現されていて共感」
「他のコミックにも小説にもない独特の世界観」
「人間の暗部を眺める視点は芥川龍之介的」
「綺麗な女性が主人公を好きになるのが作品の救いになっている」
「主人公の感じる孤独感に共感した」
「現代的な世界観がたまらない」
「自分が寂しさを感じた時の言葉にできないものが伝わってきた」
「登場人物の内面に惹かれる」

ネガ
「毎回似たような内容で飽きる」
「ゴールデンで見たかった」

出典:https://goo.gl/Mg84xB

原作「わにとかげぎす」はリアルに表現された登場人物の感情が多くの共感を得ている印象です。
決してかっこいい主人公ではないけれど憎めなくてその内面に惹かれてしまう。
富岡ゆうじにはそんな魅力があるのかもしれません。
それを有田さんが演じると思うと、ドラマへの期待が隠せません。

ポジ
深夜枠だけど見るかも!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
[ PR ]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA