「トーキョーエイリアンブラザーズ」ドラマ化、キャストは伊野尾慧&戸塚祥太が兄弟役

トーキョーエイリアンブラザーズ

真造圭伍「トーキョーエイリアンブラザーズ」のテレビドラマ化が決定しました。

日本テレビの深夜ドラマ枠「シンドラ」にて、2018年の夏に放送されます。

 

放送時間は、月曜日の24:59~25:29となっているので夜更かししてしまいますね。

見逃し配信はHulu?

トーキョーエイリアンブラザーズの原作を書いている人は真造圭伍さん

このマンガは日テレの土曜21時
(今は22時)からやってた
ドラマみたいな明るくて
ちょっぴり切なくなるような
マンガにしたいと思っていたので、
まさか日テレさんが
ドラマ化して下さるなんて
うれしいです。
完成楽しみにしてます!

公式HPより著者のコメント掲載。

深夜に楽しめそうな真造圭伍さんのコメントで期待がもてますね。

真造圭伍さんは、ビッグコミックなどで活躍しており、「みどりの星」や

「森山中教習所」という野村周平さんと賀来賢人さんのW主演で映画化されて話題になったものもあります。

有名な作品を排出する人気漫画家です。

今回ドラマ化される「トーキョーエイリアンブラザーズ」

現在1〜3巻まで発売されていて完結済みです。

ということは、 ドラマの内容がわかってしまいますね。

Sponsored Links

キャストと役柄を紹介

兄の夏太郎役:戸塚祥太(A.B.C-Z)

弟の冬ノ介役:伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

その他のキャストは未定です。

わかり次第追記していきます。

トーキョーエイリアンブラザーズの原作ネタバレ

ここからは、原作「トーキョーエイリアンブラザーズ」のネタバレになりますので、ご注意ください。

2015年から2017年にかけて月刊!スピリッツ(小学館)で連載。

「トーキョーエイリアンブラザーズ」は、人間の姿に扮し、東京で“地球移住計画”を企てるエイリアンの兄弟を描く物語。

 

つまり、二人はエイリアンということですね。

BBQ会場でバトミンをする冬ノ介。BBQ会場は二子玉川の河川敷のように見える。

才色兼備で女子にもモテモテ。

そんな中、バトミントンで大きなフライをあげて、見知らぬ女性に声を掛ける。

そして、そのまま女性の癖を見抜き、二人っきりの場所へ。

人間の代謝物質を飲んでいるという汗

Sponsored Links

人間に化けているが極度の塩分には弱い生物。

兄の夏太郎は、隣の人のラーメンをこぼされると、一気に顔が溶け出すというアクシデント。

そのまま兄はその場を逃げるが、風雨にもトラックに激突。

しかし、消えていなくなる。

人間が怖いと兄は弟に語るのであった。

 

ガチギレのおばちゃんが登場。

兄弟で神社に行くと、犬を発見。

フリスビーで遊ぼうとするが、兄がフリスビーを投げると

一気に遠くの方向へ。

まだ、人間の動きにはなれていないらしく、超人的なフリスビーとなった。

そして、犬を

さっきのガチギレのおばちゃんと手を触れる。

手を触れると人間の過去や思ったことがわかるという特性から、

おばちゃんが犬を飼っていて、交通事故でなくなってしまったことがわかる。

兄に服をあげたおばちゃん。

 

そのおばちゃんに犬をあげると弟:冬ノ介が話すと、

「寂しいんでしょ」といってしまい、おばちゃんの逆鱗に触れる。

 

冬ノ介はチカちゃんと動物園デート。

出会いガシラにお花をプレゼント。

冬ノ介は、なぜか動物に好かれることが続く。

ソフトクリームを買ってくるも、鶏に狙われ、服がびしょびしょに。

その姿にチカちゃんは爆笑。

そして、服を着替えて携帯を見るがまったく動かいない。

「ま、いっか」

とチカちゃんとのデートをすっぽかし。

チカは笑いすぎて、冬ノ介が怒ってしまったのかと思う。

ふとした瞬間に、冬ノ介を発見。

そのとき、いままで見たことのない冬ノ介の笑顔をチカは見る。

 

チカは怒って、冬ノ介に花をぶつけた。

 

Sponsored Links

 

兄と渋谷でティッシュ配りのバイト。

兄は全然うまく配れないが弟の冬ノ介は、特殊な力を使って、

今回わかってしまうのは、兄が地球にきた本当の理由。

兄は、なにをやってもどんくさく、能力がない。

そんな「兄の移住が出来る場所」を探すためだった。

トーキョーエイリアンブラザーズ第二巻 原作のネタバレ

・仕事を見つけて一人前になること

・人間の恋人を作ること

がミッションとなった。

すぐに、兄は「きりん館」という駄菓子屋さんの職をみつける。

週4日で時給は1020円。

その駄菓子屋に吉井幸という女の子が、兄を疑う。

「あいつはエイリアンだ」と。

駄菓子屋のおばあちゃんは、休憩時間に麦茶をもってきた。

しかし、なぜか入っていたのは「めんつゆ」

塩分に弱いエイリアンは、顔が溶け出した。

その場面を幸がみるのであった。

その証拠をつかむために、兄を尾行。

しかし、なんのてがかりもつかめない幸。

幸がトラ兄(兄のこと)を気になっていることを幼馴染のタカシが

「お前、トラ兄のこと好きなのか?」ときく。

そんな微妙な表情を感じたタカシは川遊びをすることにした。

タカシは急な水の流れに足をとられ、流されてしまった。

そのタカシをみてすぐに川に飛び込んたトラ兄。

 

岡部という男が、りつ子という女性を狙っている。

弟に、「りつ子といい感じになるように」と会話をするが、

冬ノ介は忘れていた。

たこ焼きパーティーをして、酔っぱらいのりつ子とお壁は買い出しにでかける。

脈アリサインを勘違いした岡部は、ラブホに誘うが撃沈。

「冬ノ介にはモテナイきもちがわからないんだ」

となげく岡部に兄は「お前のきもちわかるぞ」という。

一生懸命やくたこ焼き、うまかったと岡部に伝える。

そんな姿を見たりつ子は、兄が気になるであった。

 

初給料をもらった兄。

その給料で、服を買いに行くことになった。

りつこのお店で服を物色する2人。

センスの無さにりつこが兄の服を選ぶと

いい感じの雰囲気に。

その様子を見た弟は、りつこを近づける。

しかし、りつこは手を払った。

冬ノ介がりっちゃんが好きなのがよくわかるこのシーン。

兄に嫉妬しているようだった。

兄はりつ子のお店に、服をわすれてしまった。

その服の匂いをたしかめてしまう、りつ子だった。

りつ子はその服を返しに駄菓子屋にいく。

 

そして、デートが開始。

りつ子は、一見完璧そうな弟:冬ノ介は最も大切なものが欠けているとおもっている。

そして、その欠けているものと兄が持っていると感じているであった。

Sponsored Links

トウキョウエイリアンブラザーズ第三巻ネタバレ

いよいよトウキョウエイリアンブラザーズの最終巻の第三巻のネタバレです。

女の子の気持ちがわからない二人の兄弟。

いっそ女の子になってみればいいんじゃ?と弟の冬ノ介が提案。

田舎から来た恵津月(えず るな)と原宿で出会う。

友達が欲しかったのだが、田舎では馴染めず、原宿に上京。

女の子を気に入った冬ノ介にスカウトマンからお声がかかる。

Sponsored Links

しかし、そのスカウトマンは女装した冬ノ介をレイプしようとしていた。

元々エイリアンの冬ノ介は、そのスカウトマンを殺してしまうのだった。

 

なんだか地球の生活に疲れた冬ノ介は、兄に「豪遊しよう」と持ちかける。

スカウトマンが持っていた車とお金を使って、遊んでみた。

 

が、なんだか飽きてしまった。

なんとか本部と通信できた兄が確認すると、

地球移住計画は、中止になったことを知らされる。

 

少し休んでいると、警官が目の前に現れる。

警察に兄が以前のトラック事件について逮捕状がでていた。

兄は逃げるが、弟はそんなことはしないで、かれらの記憶をなくした。

 

満員電車で移動した兄弟は、人間の心の中の声を聞く。

こんな奴ら全員いなくなってしまえばいいのにと考えた弟。

しかし、兄はそんなことはさせなかった。

電車の上を突き抜けて脱出。

 

ところが、その上空から下を見てみると海の上。

海は塩分があるため、エイリアンは生きていけない。

弟の冬ノ介は、兄を陸まで飛ばして自分が海の中に入っていった。

Sponsored Links

小さくなって出てきた冬ノ介は、猫には化けられる。と兄は冬ノ介を抱きしめた。

 

 

読者の感想

 

Jumpのいのちゃんと、A.B.C-Zの戸塚君の共演するドラマということで読み始めた。ちょっと衝撃シーンもあったけど、なんかおもしろい。これをあの二人で演じるのかと思うと、楽しみでならない。みんなから愛されているのに弟がたまに怖い発言をする。真面目な兄も笑える。エイリアンの生体はまだまだ謎だが、2巻3巻とほんと楽しみ。

 

宇宙人が移住のために地球をリサーチしている。田中冬ノ介、と名乗って大学生になっている。人に触れるとその人の考えていることが次々と分かるらしく、冬ノ介はそのルックスとともにその能力からくる人の良さで人気者。大家さんにも近所の商店街の人たちにも可愛がられている。そこへ兄が地球に到着。冬ノ介が故郷星に連絡を怠っているから、ということが理由のようだけど、このにーちゃん、エラそうにしている割には冬ノ介ほどの柔軟性・適応力もないみたいだ。さてさて、これからどうなる?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA