No drama No life

menu

Dramatic Memo

ドラマ・カルテットに原作はある?脚本家の過去作や評価もまとめみた

2017年1月スタートのドラマ「カルテット」。
今旬な俳優4人が冬の軽井沢で同居生活を送る恋愛サスペンスドラマ
です。ところでこれは原作はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

カルテットの原作 過去作

注目の新ドラマ「カルテット」に原作があるのか調べてみたところ、
脚本家・坂元裕二さんのオリジナル作品でした。

実は、2011年TBS系列局で「カルテット」という同名タイトルのドラマが放送されていたことが分かり、
新ドラマ「カルテット」と何か関係があるのかなと思って調べてみたところ、大沢在昌さんの小説が原作となった身内を惨殺され、
荒んだ生活を送っていた2人の若者がマフィアの無法地帯と化した町で秘密潜入捜査をするというストーリーで、
新ドラマ「カルテット」とは全く関係のないものでした。

過去に放送された「カルテット」の方は台湾撮影を行った理由を「ゴミゴミした感じを出したかった」との発言に反感をかったり、
深夜で平均視聴率が毎回1~2%を行き来するに止まり、残念ながら評判は上々とはいかなかったようです。

ドラマ・カルテットの脚本家・坂元裕二さんとは?

ドラマ「カルテット」の坂元裕二さんは90年代、社会現象を引き起こすほどの大ヒットドラマとなった「東京ラブストーリー」の脚本家です。
さらに「Mother」「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など数々の大ヒットドラマの脚本を担当されています。また、向田邦子賞、橋田賞、東京ドラマアウォード脚本賞など、多くの賞も受賞されています。

個人的には坂元裕二さんの作品の中で「Mother」のようなシリアスなヒューマンドラマ系は見ていて苦しくなってしまうのですが、
「最高の離婚」や「東京ラブストーリー」などの恋愛ものは見ていてホッとするのでとても好きです。
新ドラマの「カルテット」には恋愛の要素とサスペンスの要素が共存しているのですごく楽しみにしています。

スポンサードリンク

脚本家に対するネットの反応

脚本に対する期待をネットの反応で見てみましょう。

ポジティブな反応

「坂元裕二さんと満島ひかりさんの組み合わせは最高だった」
「脚本が坂元さんなら期待できる」
「坂元裕二さんが脚本って最強だよね」
「ご褒美のような最高のドラマが」
「最高の離婚の脚本が凄く良かった」
「坂元裕二氏のオリジナル作品って、絶対面白いよ」

ネガティブな反応

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうってドラマ、2010年が設定のはずなのに古い話に見えたんだけど」
「坂元裕二のラストクリスマス、いまいち面白くない」
「いつもきれいにまとまりすぎてる感がある」
「昔はバブルっぽさがすごくて苦手だった」
「Motherがどうしても好きになれない」

出典:twitter

好印象な反応が圧倒的に多かったのですが、
いろんなタイプのドラマを手掛けているだけに作品によっては苦手感じる人もいるようですね。

新ドラマ「カルテット」は坂元裕二さんの完全オリジナル作品とあって非常に楽しみです。
どんな風に恋愛とミステリーが絡んでくるのも気になりますね。
しかも、今、注目のドラマ「逃げ恥」の演出家・土井裕泰さんとの最強タッグで作り上げるドラマとあって、
またまた社会現象を生み出すようなヒット作品になるのでは?と期待が高まります。
2017年はドラマ「カルテット」から目が離せません。

❒関連記事

カルテット見逃した!動画配信どこがいい?が2分で分かるケース別の視聴方法!

カルテット1話の感想ネタバレなしでまとめてみた「意外に笑いが散りばめられ伏線の嵐」「セリフも深い」

カルテットのキャスト一覧まとめ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ