No drama No life

menu

Dramatic Memo

ドラマ「ドクターカー」、救急車とは違う!ってとこが見れるか?第一話感想

いよいよ始まりました、ドラマ「ドクターカー」。「お前のせいで救急車と同じになってしまったんだよ!」って中村俊介が剛力彩芽に言い放っていましたが、どういう意味?

スポンサードリンク


剛力彩芽演じる「天童一花」は救急医療センター・ドクターカーに配属された新米医師。中村俊介演じる朝城勇介は、ドクターカーの責任者でありながら、ドクターカーを廃止しようとしている。という設定で始まったドラマ。

ドクターカー、って言われても救急車とどこが違うの?と思う人も多いのでは?
ドラマの中のドクターカーは、簡単な手術も可能で、さまざまな医療器具もそろっているもの、として取り上げられていました。

現在、運用されているドクターカーはここまで設備があるものは少ない(無いと断言できるだけの情報がありませんでした)ので、一般的には、

「患者を病院に運ぶ」→救急車

「医者や看護師を現場に運ぶ」→ドクターカー

という違いのようです。救急車には、救急隊員や救急救命士が乗っていますが、やはり、医師ではないので医療行為に限界があります。医師が乗っていれば、出来る医療行為が圧倒的に増えます。そのために、全国で、ドクターカーの導入を進めようとしているところです。

なので、第一話の第一回目のドクターカーの出動では、患者を、処置もせずに、病院に運んだだけなので、「救急車と同じ」と朝城勇介に言われていたわけですね。二回目の出動で、ようやく、ドクターカーとしての威力を発揮していましたけど、今後どうなっていくのかなあ。新米医師がどこまでできるのか、そこも気になります。

スポンサードリンク


第一話感想、いろいろツッコミどころはあるけど、中村俊介の悪役がおもしろい

第一話、正直あまり期待せずに見ていたんですが、意外と(失礼)剛力彩芽さんがちゃんと演技していましたね。高いお店でどぎまぎしているところや、負けないぞ!と決意するところなんかはかわいらしかったです。それでも、5歳児にママには見えないな~。って、子育てしていた姉を見ていたせいかもしれませんが、ママにしては優しすぎるし、ほんわかしすぎている気が…。「強くなってママを守るんだ!」って一太郎君のセリフにほろりとさせられました。けなげな子役に弱いのよ~。

そして、中村俊介さん!べたなおぼっちゃま、お医者様でいいですね。金がすべてなんだよ!人生一番大事なのは金でしょ!とか言いきっちゃうところがね。そして、職場で「完璧すぎるボク」とか言いきっちゃうとかね!「どうにでもできるんだよ、医者としても、女としてもね!」なんて、モラハラセクハラですよ。現実的にこんなお医者さん居たら、話していること録音されて訴えられちゃいますね。料亭のシーンの中居さん?のお酌技がすごかった!移動している勇介のおちょこ?グラス?にささっとお酒をついでいるところが笑いました。

ということで、中村俊介のべたな悪役に次週も期待です!(なんか違う)

❏関連記事
「ドクターカー」第3話の中村俊介!そこまでおバカな医者って本当にいるの?
ドラマ「ドクターカー」2話!子役はよかった!ツッコミどころいっぱい!
ドクターカー(剛力彩芽主演)の主題歌はSKY-HIの新曲!心をぎゅっとつかまれる
「ドクターカー」、剛力彩芽と対立するのは?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ