No drama No life

menu

Dramatic Memo

ドクターX4視聴率歴代比較表を作ってみた!なぜこんなに高い?医龍やバチスタと比べても圧倒的な理由

ドクターX4が2016年10月からの放送されることが決定しました。
にしても視聴率を振り返ってみたらすごいんです。
わたしも2と3は見たんですが、どうしてこんなに高いのか!?

同じ医療系でシリーズ化されている医龍やチームバチスタと比べても圧倒的です。
今回は歴代比較表を作ってみました。

スポンサードリンク

ドクターX4視聴率歴代比較表を作ってみた!

ドクターXは2010年10月が最初のシリーズでした。
「群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器~」のナレーションで始まるところは変わらない魅力のドラマで
フリーランスで腕は絶品の大門未知子が凄腕を発揮するドラマです。

そして、どの期もドラマ部門すべて視聴率1位を獲得していて
リーガルハイや、今日は会社休みます、なども2位に退けてきた人気が根強いものです。

かつて、大ヒットした『GTO』なんかは2回目3回目は大爆死したんですが
ドクターXは今回も抜群の人気を維持するのでしょうか?(参考:GTO 1998年28.5% 2012年7.2%…)

それでは歴代視聴率比較表を見てみましょう。
シリーズ4も放送されしだい視聴率を追記していきます。

dokutax1218
出典:http://artv.info/ar1610-avg.html

この低視聴率時代に20%以上ってすごいですね…。本当に「私、失敗しない」のですね…。

スポンサードリンク

なぜドクターXはこんなに人気なのか?

それにしてもなぜこんなにドクターXは人気なのでしょうか?

正直な話、わたしは個人的にはチームバチスタの方が好きでしたし
好感出来るのは、権威に飲み込まれないところのあのキャラの設定くらいで
毎回凄腕を発揮するのは成功するのわかってるなあと思ってしまうところはあります。
まああくまでわたしの感想ですが
しかし、ここまで大人気なのは絶対に何かあるわけですよね。

例えば、ドクターXと同じく医療系でシリーズ化しているものに
『医龍』と『チームバチスタ』があります。

これらの視聴率をみてもドクターXは圧倒的です。

『医龍』(伊藤英明・阿部サダヲ等)
1期2006年:14.7%
2期2007年:17.2%
3期2010年:14.0%
4期2014年:12.1%

『チームバチスタ』(伊藤淳史・仲村トオル)
1期2008年:13.2%
2期2010年:14.4%
3期2011年:12.8%
4期2014年:11.4%

『ドクターX』(米倉涼子)
1期2012年:19.10%
2期2013年:22.98%
3期2014年:22.94%
4期2016年:??

こう見ても圧倒的です。

yahooニュースなんかでも見たことがありますが
恐らくこれだけの人気の理由は以下の3つに集約されると思います。

1,世間の潜在的欲求として、
権威に左右されないで自分の高い能力だけで仕事をやっていきたいという強い憧れがあるのではないか

2,1話完結でわかりやすい。途中からでも見れる

3,米倉涼子が、フリーランスのスーパー女医として超ハマっている

ここが魅力で、人気の理由かと思います。
働いていたら会社の言うことに左右されてしまうの普通ですからね…。

ということで、シリーズ4どうなるでしょうか…。
また西田敏行が出るみたいですが、健康は大丈夫なのかな…。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ