シグナルの韓国原作のネタバレ

シグナル

第1話(U-next無料のマークあり)

2000年 7月29日、京畿道晋陽市素材の小学校。
孤独だった幼いパク・ヘヨンは同じクラスキム・ユンジョンという友人がいたが、ある日、彼女が消えた。
ところが、幼いパク・ヘヨンはキム・ユンジョンが消えた日に彼女が妙齢の女性と一緒に行くことを一人で目撃したし、
罪悪感が入って警察署に追いかけては本当の犯人が別にあると言うが、どのような警察も彼の言葉に耳を傾けない。
数日後、キム・ユンジョンは、冷たい死体に戻ってきて、その15年が過ぎた。

警察になったパク・ヘヨンは、2015年 7月27日 午後 11時23分から1分間バッテリーが抜けた無線機を介してイ・ジェハンという警察と交信をするようになり、スニル精神病院の建物の裏側下水道にソヒョンジュンの遺体があることを聞く。英語を知らないまま、同じ病院に訪ねて行ったパク・ヘヨンは、その建物の裏側下水道で白骨化した遺体を発見してびっくり。
その遺体は15年前にキム・ユンジョン誘拐と殺人事件の容疑者として指名されたソヒョンジュンだった。
このことから、パク・ヘヨンはキム・ユンジョン事件と関連があることを直感しては本当の犯人を見つけるために努力する。

一方ソヒョンジュンの遺体を発見した直後キム・ユンジョン事件も一緒にメディアの注目を浴び始めて、
この中パク・ヘヨンは、メディアに向けて、この事件の証拠が確保されており、犯人に警告を飛ばす。
この時、霊病院の看護師であるユンスアが警察に「この病院の看護師であるガンセヨウンが疑わしい」と情報提供をすることになり、
警察はガンセヨウンを劇的に逮捕して取り調べている。
しかしガンセヨウンは自分の容疑を続け否認し、尋常ではない点を悟ったパク・ヘヨンは、自分がミスをしており、犯人が自分たちを欺いているという。
事実真犯人はやはりスニル精神病院で働いていたユンスアで、きめ細かな計算の最後に時効抹消直前でありながらガンセヨウンが逮捕される可能性のある時間を残してロッカー名札をすり替えて故意に罪をしたものだった。
明らかにユンスアが自分たちを見守ることができるこの近くにいると推測したパク・ヘヨンは、警察を率いて周辺を捜索し、ユンスアを追って行く横断歩道で見逃し万チャスヒョン刑事がユンスアと対面することになる。

Sponsored Links

第2話

キム・ユンジョン誘拐と殺人事件の被疑者としてユンスアを特定および質問をしたが、
後になって証拠(DNA調査結果)を確保して時効満了に公表される。
しかし、ソヒョンジュン殺人事件の公訴時効がまだ期限切れになる直前なのですぐにその場で彼女を逮捕し、法定につくことができるようになった。
これによって、社会的に時効廃止の議論が起こり、最終的には殺人などの凶悪犯罪の公訴時効は廃止される。

以来、パク・ヘヨンとチャスヒョン、ギムギェチョル、ジョンホンギなどは、
ソウル地方警察庁の長期未解決事件担当捜査チームに人事命令を受けると書いて左遷され、チームを組んで捜査に参加することになる。
彼らの最初のケースは、京畿南部連続殺人事件。

一方パク・ヘヨンは、2000年のイ・ジェハンから「これが最後」としながら
「次の無線は、1989年のイ・ジェハンであり、今ではパク・ヘヨン経緯が私を説得しなければならない。」
無線を受けた後、銃声を聞いた後、無線が壊れる。
その後、イ・ジェハンから再び無線を受けるが、そのイ・ジェファンはパク・ヘヨンの存在を知らない」1989年のイ・ジェハン」である。
この時、イ・ジェファンはパク・ヘヨンから「8回殺人事件がヒョンプン駅から起こる」という情報を聞いて付近を徘徊している途中、
被害者を発見したが、これにより、その被害者は死ななかったため、歴史は変わった。
チャスヒョンは改編された事実を感じなかったことで持ち越し、パク・ヘヨンのみ観測することができるようだ。

第3話

イ・ジェファンはパク・ヘヨンの無線のおかげで犯人を捕まえることに成功する。
しかし、実際にその人は、偶然通りかかったバスを取ろうた通行人であるだけで罪のない人だった。

そして2015年にパク・ヘヨンは、自分が無線とおりに事件の経緯が変わる混乱してイ・ジェハンに無線が触れるとイ・ジェハンがいたずらをすると考えて怒る。
英語も分からないまま悪口を食べたイ・ジェハンはおかげで犯人をつかんだようだが、
パク・ヘヨンは、彼が犯人ではないという事実を既に知っていたところ、
もしあなたが本当に過去のイ・ジェハンなら過去を変えて見よと次の犠牲者の身上とイ・ジェハンが握った通行人は、犯人ではないという事実を言う。
パク・ヘヨンの無線を聞いたイ・ジェハンが一歩遅れて確認しようとして警察署に入ったその人はすでに持病の発作によってで死亡してしまう。

そしてその間にもう一度の殺人事件が起きて、刑事は混乱に陥る。
その後パク・ヘヨンは、当時イ・ジェハンが保持来通行人に暴力を予熱その通行人が死ぬ刑務所まで行くところだった刑事を訪ね顛末を知ることになる。
また、イ・ジェファン刑事の像を調べ、最終的に、その無線が本当の1989年のトランシーバーと合っていることを悟るようになる。

次の日チャスヒョンは現在故人である当時の生存者の遺族と接触して情報を取得しようとしたが、
故人の夫が彼女の死を刑事、記者たちの行き過ぎ追及が原因だと考えて追い出す。

しかし刑事たちによくしてくれという生存者の話を聞いた彼女の娘は、
イ・ジェハンのおかげで、自分が生まれることイトオトダミョチャスヒョンが望んていた遺品を与える。

以後パク・ヘヨンは、互いに戻って無による事件変更前と後の比較で殺害時間が早まったと場所が比較的犯行を犯しにくいところに変わったのを見て不思議さを感じている。
以降、被害者がバスに乗って帰宅して死んだことを知ってたチャスヒョンがジオプロスを利用して主要な経路を分析した結果、95番のバス路線と犯行パスが同じだということを知る。

その時刻イジェハンは罪のない人を取ったことから同僚に非難を受ける、
これをパク・ヘヨンせいにして、彼探そう騒動を打つ追わする。
その後、彼はテーザーを求めて、自分が片思いしていた遠景に今の世の中がヒュンヒュンだと贈り物として与える。
にもかかわらず告白はなかったが、イ・ジェファンは犯人をとった後、堂々と告白することを決心し、
昨日、自分が犯人を追跡していたパスをもう一度見てみる。
その結果、バスの停留所で犯人と長さひかれたことを確信して、当時、バスにいた人たちを中心に再調査を要求するが、
バスの記事がその時に乗った人はなかったと否定しながら、逆にイ・ジェハンが犯人の可能性があると鉄の杖で閉じ込められる。

以後チャスヒョンとパク・ヘヨンは、当時のバスにあったが、
現在は連絡が届いていない女性と直接会うために彼女の家にやってくるが、
驚くほど彼女は当時京畿南部殺人事件の時と同じ手法で殺害された状態で発見、

調査を通じて過去とは異なり、すでに死んだ状態で縛ら遭っ甘いもの調べ万詳細調査をしようとのギョンギチョン刑事が担当することになり、調査は中断される。これ専任チームで抗議をしてみますが、すでに寸法に命令を受けたチャスヒョンが捜査中止を宣言する。それでも幸いなことにジョンウォンギが賢明最大限の情報を取り出しに成功する。

お互い帰ってきた後、パク・ヘヨンは再び無線機の電源がオンのを見てイ・ジェハンに無線を入れるがイ・ジェハンは鉄の杖に閉じ込められている状態。
彼はパク・ヘヨンの声がドゥルリジャその人をキャッチと悔ししかしパク・ヘヨンが次の犠牲者が、自分が片思いしていた遠景で必ず防ぎという言葉を聞くと衝撃に陥って怒って否定する。

チャスヒョンは互いに戻って専門チームにギョンギチョンより犯人を早く倒さなければならないと言って、これパク・ヘヨンが捜査中断を宣言したのが誰かと問わだけチャスヒョンはそれ事件現場調査中止だったよ京畿南部連続殺人事件はずっと私達が引き受けると釈明する。その後、バスアンネヤンがどのように死んだのか専門チームで役割を分担して調査を開始する。

その時刻イジェハンは遠景を救うために仮病を甘やかす脱獄をした後、彼女を探そう彼女が殺害された場所に走っていく。

第4話

専門チームはギェチョルのブラックボックスとめまいのDNA検査を通じて犯人を二千九老断定が事件当時千区仲間を調べイ・ジェハンため二千口が退職金受け会社から出てきた情報を調べたパク・ヘヨンは二千区プロファイルが犯人と合わず、未遂事件当時千区バス運行中喜んでいた犯行自体が不可能だと犯人であることを否定する。ところが、このときに最初に到着したチャスヒョンが天球がある病院に到着して一つの事実を知ることになる。当初予想していた二千口が患者との予想とは異なり、彼は保護者にあった患者は、彼の息子陣形だった。

パク・ヘヨンは二千口が嘘をしたことを確信して彼は嘘をするしかなかった理由を考える彼の息子の存在を調べよう息子が犯行を犯したら、父の立場では、嘘をしても非表示にする可能性があることを推理、チャスヒョンに知らせる。ところが、ちょうどその時、突然ベッドに横になっていた陣形がいきなりチャスヒョンを奇襲して首を絞める。幸いなことに、彼女は近くにあった電灯に陣形を打って命は旧たが、その中天球が息子のために偽りの自白をしまってギョンギチョンは二千口が、犯人が確実だと捜査を終結する。これギムボムジュは正式に事件終結のためのブリーフィング計画をキャッチします。彼は正式に犯人を発表する前に、真犯人を知らせますが、アンチスは確証が不足だと、その前に陣形を犯人にキャッチすることができないと言う。

その後パク・ヘヨンはジョンギョンスンが証拠品を持っていたにもそれを見せてくれなかった理由は、それを利用してお金をトゥトオトたからということと殺された理由が陣形が彼女にまた脅迫れることを恐れてということを調べチャスヒョンと一緒に彼女の家をさぐる。試合チームによると、何も出てこなかったギェチョルが話したがパク・ヘヨンは直接証拠品は他の所で囲んておいをもの推理し、彼女の傾向を把握し行き先[7]が書かれている表を見つけるには、その上に移動する。その場所は、まさに彼女のいとこの姉が住んでいる家は、その場所を探して見たらイ・ジェハンがくれたテーザーが発見された。テーザーと犯人が関連しているだろうと思ったパク・ヘヨンは陣形の体をリードされた結果陣形のなどパドルによる傷があることを発見した決定的にテーザーに陣形と遠景のDNAが検出され、陣形の犯人確定 また、尋問の過程の中で事件がそのまま終結された場合、我々はすべての幸せしたと主張している二千旧にパク・ヘヨンは「あなたの息子がその時イ・ジェハン刑事に死んたもそのまま忘れてゆっくり生きることができだろうか」という言葉は完全にスライドさせてつけながら彼黙ら作成てしまう。その後わずかの差で発表直前真犯人結果が伝達されてチャスヒョンが直接発表することになる。

結局イ・ジェハンは遠景を求めなかった。遠景を探していく途中のバスの運転手(二千区)に位置を尋ねたところ、彼は間違った場所を指しキョトギだ。結局イ・ジェファンは遠景の死体を見て嗚咽する。一方、そのような状況を一緒に見守っていた人があったので、すぐ当時のバス会社に通っていたアンネヤン(ジョンギョンスン)である。彼女は犯罪が起きた日二千口が運転した95番のバスで、その日犠牲になったアンネヤンと二千区息子が降ることを目撃した。警察署で刑事たちが言う容疑者の人相着衣が二千区息子(イジンヒョン)と似ていると思った彼女は、陣形がどこで乗ったのか二千区に聞いてみたが、二千口が息子は最初から乗っていたとごまかし者以上であると考えて陣形後をつけていたの殺人行為を目撃したのだ。しかし、ジョンギョンスンは殺害現場を明らかに目撃したこと+決定的な証拠を確保(テーザー)にもかかわらず、警察に知らせるどころか、その決定的な証拠を持っているお金を強要出すことに使用する。

イ・ジェファンは、最初に犯人の正体を知らないパク・ヘヨンに怒って真犯人が誰か怒ってたし、これにより、パク・ヘヨンは遠景を生かせなかった甘いものが実現絶望する。以後イ・ジェハンは道を逆にポイントして、二千区に怒りて彼を行った偶然騒ぎを聞いて出てきたイジンヒョンの印象着衣を見て犯人を直ちに調べてみる。奇妙な気配を感じた彼も急いで逃げを行く、最終的に建物の屋上で行き場を失う。イ・ジェファンはそのまま陣形を襲っ激しく暴行する。しかし、誰かが彼を強く降り余裕…彼はすぐに二千よ。熱が上がったイ・ジェハンはどうせ証拠もなく、証人もない私が直接終えると銃を取り出して、これ慌て陣形は後退を打つが、屋上から落ちる。イ・ジェファンがこれいち早くキャッ??チや、陣形が自分の犯行がさりげないようずつ笑おう、衝撃に陥ったイ・ジェハンが手を置いてしまって、これにより、陣形は下半身が麻痺してしまう。これ天球はこれにより、罪の代価を受けたので、これ以上の貧しい自分の息子をいじめなとでたらめと精神勝利を詠唱、イ・ジェハンを私狙った。

パク・ヘヨンは遠景の叔母に尋ねて犯人をとったのとテーザーが決定的な証拠だったという事実について話します。[8]これ叔母は事実上イスンギョン(在)のおかげでキャッチだろうとパドルを異才が与えたと言う。その言葉を聞いたパク・ヘヨンは無線で犯人を見つけに、事実上イ・ジェハンおかげだったとガムサヘする。イ・ジェファンは犯人をどのように捉えかと、証拠が出てきたのかと尋ねるがパク・ヘヨンは、その時点での技術力では犯人をキャッチないしないと言う。遠景の叔母はイ・ジェハンに訪ねて行って遠景が生前イ・ジェハンをたくさん好きという事実を教えてくれて遠景がイ・ジェハンに与えようとしていた2枚のフィルムの表を与える。事実3話で遠景が与えようとしますが、のがこの映画の切符。イ・ジェファンはこの映画票映画を見遠景を思い浮かべて涙を流す。

Sponsored Links

第5話

イ・ジェファンは大道事件と呼ばれるギェスドン高位層連鎖窃盗事件を捜査している途中トランシーバーが6年ぶりに接続されると、パク・ヘヨン[10]に対応する事件の犯人が誰か尋ねる。パク・ヘヨンはまだ未解決事件なので、犯人を知らないプロファイリングを少ししてみたものの、もし知っても、過去にむやみに変わることもできますので、通知することができないという。これイジェハンは今一ヶ月以上ゲゴセン中なのでプロファイリングかプロレスか何かすることに関しても教えてもらう。だからパク・ヘヨンは容疑者の中ミョンシクボムがあったのかと尋ねるが容疑者を特定犯さなかったとすると、パク・ヘヨンは容疑者が部外者という仮定の下で、単純なプロファイリングをする。ただし、これは正確な捜査資料としたものではなく、新聞記事を基にしたので参考だけしろという。

イ・ジェファンはこれに対するアドバイスをもとに捜査をして盗まれた家のポストでオギョンテの指紋が発見されたことの証拠として、彼を逮捕する。そして彼移送し、オウンジはお父さんは犯人ではないし、パトカーに沿って行くためにバスに乗ってたが、搬送途中で日英大橋が崩壊する。イ・ジェファンは車を急いで回して落ちなかったが、オウンジは、最終的に墜落したバスが爆発してしまって死ぬ。以後オギョンテは、指紋を根拠に収監され、代事件は未解決事件で解決された事件に変わる。しかし、釈然とないと感じたパク・ヘヨンはこれについて掘り挙げようし、周囲の同僚は、これ以上のことを感じている。[11]そしてオギョンテについて調査をしていた中、オギョンテが拉致事件を起こす。パク・ヘヨンはオギョンテはこれまで対物窃盗[12]のみのに突然犯罪のパターンが変わって人質をとったという点を見て、これはお金のための犯行ではなく、そもそも人質の命を狙った犯行と主張する。

人質とオギョンテの関連を見つけるためにオギョンテが収監されていた刑務所を調査していたパク・ヘヨンはオギョンテは娘の死に起因火のトラウマがあることが分かった。そしてチャスヒョンは、被害者の家族から被害者も日英大橋崩壊事故により、火のトラウマがあることを知るようになる。
その日の夕方に無接続されると、パク・ヘヨンはオギョンテが突然人を殺そうとして現在変わってしまったと、過去に一体何が起こったのかと問う。しかし、イ・ジェファンは、自分が間違っていた、すべてが台無しになってしまったとし、この無電解は開始してはならなっていたという。

第6話

ハンセギュが犯人を見たし、警察は、過去窃盗犯たちの写真を置いて見せていた、ハンセギュは、最初に他の人を撮ったがオギョンテの写真を見たらオギョンテだった陳述を翻意する。以降ハンセギュの家のポストでオギョンテの指紋が発見される。結局イ・ジェハンはオギョンテを逮捕しに出て行き、オギョンテは脱出したが、最終的にはイ・ジェハンにとれてしまう。オギョンテが自分は犯人ではないと信じてもらうし、イ・ジェファンは証人と証拠がある出てきたと、なぜ自分に嘘したかもめごとを繰り広げる。その間オウンジが来てお父さんは犯人ではないと連行を防ぐと、オギョンテは娘だけ家に加え、送ってくれて、自分の足で警察署に行くとする。しかし、イ・ジェファンは、すでに家に警察が出動しているからだけで自分のラングいくことがよいとして連行する。これオウンジは付いて行くためにバスに乗る。以後韓英大橋が崩壊してオウンジが乗ったバスが墜落する。イ・ジェハンとオギョンテは車を急いで回しながら墜落は免れたが付いた車と追突した瞬間の精神を失う。

イ・ジェファンは我に返ってオウンジを救うために、足を下に行こうとしたが、下がるの長さはなかった。オギョンテも精神をチャリョトたがカフにおいて車から逃れることができなかった。救助隊が急出動したが、バスでは、既に油が漏れてバスがいつ爆発するか分からない状況。オウンジと新余震[13]は、両方のバスに付着している状況だった油圧は、1つしかなかった。救助隊員は、油圧を速くもう一つ持ってこい無をする間にシン・ドンフンは、自分の娘を先に求めなさいと救助隊員を促す。[14]結局救助隊は新余震をまず求めたが、その直後にバスが爆発してしまってオウンジは死亡する。そしてオギョンテは、すべてのことを警察無線機を介してリアルタイムに聞いていた。

イ・ジェファンは大道事件の証拠物について見た中で唯一の証拠であった指紋が操作された証拠[15]であることを調べる。これに対して問わだけ目撃者もいて上からでも無条件犯人保持来いしたとどうしようもなかったという。イ・ジェファンはパク・ヘヨンと無接続されると、パク・ヘヨンが正しかったと、この事件は、アメリカ帝国主義のままはずと言って後悔する。これパク・ヘヨンは、私たちが台無しだから、今でも真犯人を捕まえて、将来を変えなければならないとする。

チャスヒョンはオウンジと新余震の共通点が日英大橋崩壊事故ということに気付き、これに対してよりある間、被害者からの電話がかかってくる。これ警察は位置追跡を行い、それをもとに出動をして、その周辺をくまなく劣る。しかし、チャスヒョンは、被害者の周辺に携帯電話が離れていたことを疑っている。しかし、門[16]鑑識結果、被害者が正しいと確認されたため調査しに行く中にパク・ヘヨンからオギョンテの犯行動機を聞かされて知っているのは私のかと尋ねる。しかし、パク・ヘヨンはそれが重要なことではないし、オギョンテの目標は、新余震ではなく、シン・ドンフンと言っ英大橋にあるとする。チャスヒョンは不確かことの理由を実現し、シン・ドンフンの位置を確認したが、シン・ドンフンはすでに消えた後だった。携帯電話の追跡が、すでにオフの状態。シン・ドンフンはオギョンテの脅迫メールを受信英大橋に行っ代替私たちになぜこうかと問い詰める。オギョンテは私の娘が死んで行く時は何もなかった無力感をあなたも一度感じてみろする。[17]シン・ドンフンが娘を助けてくれ祈ろうオギョンテは娘を生かし見ながら新余震がある冷凍車の位置[18]を教えてくれる。

パク・ヘヨンは日英大橋でオギョンテを発見して逮捕して慰霊塔の前の冷凍車を発見する。これチャスヒョンに電話で通知しそっちに送る。パク・ヘヨンは、ミランダを告知を詠ん与える途中オギョンテの奇妙な言葉に、オギョンテが冷凍車を爆発させてシン・ドンフンを殺そうとしていることを悟ってチャスヒョンを止めに優れていていく。しかし、冷凍車は爆発しチャスヒョンは死亡する。[19][20]これにパク・ヘヨンは、過去の代事件の真犯人を保持する未来を変えようとする。だから推理をしてみようが、捜査資料ではなく、20年前の記事のみすることなので、何も調べずにいたが、ギムギェチョルがこれを見てツンツン当てながらもたらすでしょう。資料をご見た中パク・ヘヨンは盗ま家の息子が同じ学校を出たことを悟ってミョンシクボムである可能性が高いと判断する。

一方、イ・ジェファンも目撃者の証言と4次の事件の各潜伏チームの容疑者を追跡パスを比較して見ては抜け穴自体が存在しないことを悟ってネブインの仕業だと思う。だから当時の目撃者であるハンセギュを訪ねて行って誘導尋問[21]してハンセギュの反応で確信をすることになる。[22]そして、自分の班長に訪ねて行って抗議する。しかし、班長は、犯人が捕まって終わった事件だと無視しようとして、イ・ジェハンは証拠とはハンセギュの証言だけなのにハンセギュが嘘なのであれば、再捜査しなければならないとしかし、班長は再び無視する。[23][24]イ・ジェハンはオギョンテハンテラド手がかりを得るために面会を申請が拒否される。

以来、パク・ヘヨンと無接続され、将来のオギョンテがどうなったかを尋ねる。パク・ヘヨンはオギョンテが警察を殺した答えで代事件真犯人を捕まえかと問う。イ・ジェファンは容疑者の特定はしたが、令状は口径もなかったので、証拠を見つけることが不可能であるとする。パク・ヘヨンは容疑者がハンセギュかと尋ねると、イ・ジェハンはどのように知っていたかと驚く。パク・ヘヨンはハンセギュの文が異常たしハンセギュはオギョンテを事件前から知っていたので、ターゲットに定めたのだから、どのよう知ったのか調べなければならないとする。しかし、イ・ジェファンはオギョンテは自分を絶対に会ってくれないのだから把握することができないという。これパク・ヘヨンはオギョンテは、20年後も生きているので、自分が会って調べたいとし、イ・ジェハンは20年後にも発見されていない盗品の方を調べるくれと言う。

パク・ヘヨンはオギョンテを尋問しに行く。最初はシン・ドンフンも被害者であり、あなたが同じような状況だったら同じようにそうだっただろうと二重基準を指摘し、足を台無しにした建設会社会長や、安全であると偽りの判定を下した高位公務員に複数するだろう怖がっかと挑発をする。するとオギョンテは警察子が何をアニャゴ問い詰め、パク・ヘヨンはこれ警察無能で汚れたけど君を殺したのは、唯一のあなた理解してくれる警察だったと怒る。オギョンテは、最終的に誰も私を理解モテこの世界で私を理解してくれる人は誰もいないと席を蹴っていく。パク・ヘヨンはオウンジが死んで行く時は何もせ作った、そして自分に濡れ衣を被せたそいつを捕まえて、複数をしよう説得する。[25]オギョンテはこれ説得を当該協力をすることになり、熟考当時の記憶を取り戻すジプギ始める。最初は20年も過ぎたので、記憶をなかったが、パク・ヘヨンの助けを借りて徐々に記憶をこなす始める。そして事件の前にハンセギュに会ったことまで思い出した。魚をハンセギュの家に配達する途中メインの前に帰宅していたハンセギュとぶつかりハンセギュは臭く汚いと迷子にならない。

イ・ジェファンは長物に対して調べるためジャンムルアビを見つけたが盗品は全く出てきたことがなく、出てきた面警察が最初に出しただろうする。これはまだ犯人が持っているだろうし、ハンセギュの周辺を令状もなく(!)無作為に調査が発見されない。イ・ジェファンはパク・ヘヨンからハンセギュとオギョンテが会ったことあったことを伝えて、そこにヒントがあることとしたイ・ジェファンが調べなければならないとする。イ・ジェファンはオギョンテの記憶の中のハンセギュ車何色かと尋ねパク・ヘヨンは赤い色とする。そのイ・ジェハン前をハンセギュが黒車に乗って表示され、イ・ジェハンは得ることができるようであり、必ずキャッチ入れるだろうする。

第7話

結局ハンセギュが真犯人という証拠を異才が見つけてオギョンテの濡れ衣をむいて、現在のチャスヒョンが死んだ事件もなかったことになってよみがえった。パク・ヘヨンが寝ている間に、紙があおら過去が変わって、パク・ヘヨンが眠りから目を覚ましてチャスヒョンはどこかと尋ねると、病気休暇を出したという回答が帰ってくる。パク・ヘヨンはチャスヒョンの家に訪ねて行くまででチャスヒョンが生きていることを何度も確認する。しかしハンセギュは単純好奇心による犯行だったとんでもない理由で執行猶予に解放されて、オギョンテは釈放されてすぐにシン・ドンフンを殺害し、再び刑務所に行って、最終的に獄中で亡くなったこと歴史に変わった。これを見たパク・ヘヨンは、最終的に、現実には不公平であるという真実を振り返って無線機をしまうことになる。
しかし、ハンセギュの釈放は、盗んだ盗品の新都市投棄事件の決定的な証拠になることがある長物を元の所有者に戻してくれるの条件であった。

一方、現在の時点で、20年前に自殺したとされていた自分の婚約者シンダヒェを見つけてほしいという写真家が長期米国製捜査チームに見つけてくる、驚くべきことに、この失踪事件とギェスドン高位層連鎖窃盗事件の間につながりがあることをパク・ヘヨンが気づい削り本格的に捜査を開始する。今回のチャスヒョンはパク・ヘヨンがイ・ジェハンを知っていることに疑いを持ち、疑問を開始する。

第8話

シンダヒェが生きている証拠を確保した長期米帝の専門チームは、シンダヒェを探すことにする。まずギムギェチョルが遺族とその周辺を調査したが、これといった受賞した点はなかった。そしてチャスヒョンはシンダヒェのヤクホンナムあるキム・ミンソンを訪ねシンダヒェの情報を聞いていた時に、所属事務所とシンダヒェとの関係が良くないことを知り、パク・ヘヨンは当時の所属事務所の社長と面談を持つ。そして、その所属会社社長から彼犯罪に脅迫(?)してシンダヒェとハンセギュの関係を聞くことになる。両方の間には接待の関係であったこと。大道事件の長物が発見されたまさにその別荘でハンセギュと財閥の友人がシンダヒェを含む所属事務所芸能人と一緒に接待を受けナイトライフを楽しむの関係であった。そして代事件が起きた原因も明らかになる。ハンセギュ友人の父親が捜査を受ける中であったため、ハンセギュの友人はハンセギュ父に直接言って通じなかったため、息子を通じて捜査を中止させようとする。しかし、ハンセギュは、父は自分の話聞かないと断ったが、友人はその別荘で催されて遊んでいたことを撮影した映像を警察に渡しと言って脅迫する。ハンセギュはそれ警察に渡されるのを防ぐため、友達の家に忍び込んでテープを盗んで一般泥棒に偽装するために現金と貴金属などを全部一掃入れた。

現在の時点に戻ってパク・ヘヨンに事件の顛末を聞いたチャスヒョンはキム・ミンソンにそのダイヤモンドのネックレスを預かってくれる人がないかと頼むされ、キム・ミンソンはキム・ジヒというシンダヒェの故郷の後輩がいることを知らせてくれる。チャスヒョンはキム・ジヒの行跡を追跡しながらキム・ジヒがシンダヒェということ知って失踪事件の顛末について聞くことになる。20年前の代事件があった後ハンセギュがイ・ジェハンによって逮捕される前シンダヒェは催す当時重い物の運搬が含まれていた映像を受けて行った、ハンセギュが麻薬をして精神がいったのかシンダヒェが怖がってことビデオが面白いということで把握して大道事件で盗んだ盗品を見せることになる。そこでシンダヒェは盗品のハンセギュが示した青色のダイヤモンドを盗む。ハンセギュが代事件で逮捕されたが釈放された後、そのダイヤモンドを出しとシンダヒェに電話でどやしつけることだけシンダヒェは警察に行って刺繍するとしてハンセギュの言葉を噛んでしまう。結局、その日の夜ハンセギュが訪ねてきてベッドで寝ていたキム・ジヒをシンダヒェに勘違いして殺害する。[33]

現在の時点に戻ってパク・ヘヨンはハンセギュを訪ねハンセギュを挑発し、あなたを必ず逮捕すると脅しを置く。一方チャスヒョンはシンダヒェに証拠がなければ、むしろシンダヒェがキム・ジヒを殺害した犯人と誤解すると言いながら証拠がないかと尋ねる、シンダヒェの姉が証拠があると言う。場面が変わって、長期未解決の専門チームは、バックオフィスに戻ってきたギムギェチョルはパク・ヘヨンがハンセギュを訪ねて行った仕事のためのボスたちの蓋開かれるとパク・ヘヨンが帰ってくる怒る。続いアンチスが入ってきハンセギュを訪ねて行ったことを問うのではない理由を聞いて、長期未解決せん断チーム全員がボンチン表情を浮かべる。チャスヒョンは米ぬか貯水池の変死事件が他殺という疑惑が出ており有力な容疑者がハンセンギュラー自分が指示したと召喚調査を要請する。アンチスは相手は確実な証拠なしで召喚調査はシアルもない仕事に行くとの証拠があるかと尋ねると、チャスヒョンは、テープかを差し出すために少し前の病院でシンダヒェの姉が言っていたその証拠であった。それは20年前にキム・ジヒが殺害あう前シンダヒェはいつものように、自分の演技を携帯カセットに録音をし、録音を停止させないまま枕元に置いて寝てた。そしてシンダヒェは、中間に目が覚め水を飲む時にハンセギュが侵入してキム・ジヒを殺害する光景を見ることになる。すなわち、殺害途中の音声までカセットテープにすべての録音がされていたこと。アンチスはギムボムジュとハンセギュに会って、携帯電話では、証拠物のコピーを聞かせてくれるようになり、ハンセギュはギムボムジュを叱責する。

そしてギムギェチョルの考えとは違ってハンセギュが召喚に応じう[34]ハンセギュ逮捕のための作戦に突入する。取り調べはパク・ヘヨンが担当チャスヒョンは目撃者インソールを引き受けることになる。しかし、ギムボムジュが負荷を事前に送ってシンダヒェを除去するために手を入れておく。チャスヒョンがそれを発見して製紙ながら犯を制圧しシンダヒェを解放した後、自分の車で護送するのがなく、最初から誘拐犯をちょっとグロッキーさせた後、その中のハイジャック犯の車を奪って乗る基地を披露し、警察庁に直行する[35][36]。召喚調査を受けたハンセギュは、本人の声が合っていると認めたが、録音ファイルがシンダヒェの家で録音された根拠がないと主張する。パク・ヘヨンは録音はシンダヒェの家で行われたと主張して立証が可能なのかと尋ねるハンセギュに証明することができると確信している。事実アンチスがハンセギュに聞かせた録音内容は完全に聞かせてくれたのがなかったハンセギュが聞かなかった後に残っていた。他でもないミンソンの声なのに、ハンセギュの殺害が終わった直後シンダヒェの家にキム・ミンソンがきたこと[37]決定的な証拠の登場にパニックに陥ったハンセギュに決定打を飛ばす目撃者であるシンダヒェがチャスヒョンと一緒に登場しようハンセギュは身震い驚い自分が殺したのがシンダヒェではなく、キム・ジヒということを知る。自分の犯行を認める発言も吐きた[38]完全に窮地に追い込まれたハンセギュはパク・ヘヨンのイジュク感に、最終的にメンタルが寸断ながら取調室で暴れを生じさせるが、公共物破損と公務執行妨害罪、侮辱罪、暴行罪、監禁未遂とキム・ジヒ殺害容疑で逮捕される。そしてこの時、パク・ヘヨンは、内部の敵がいるという事実を確実になるが、ハンセギュが録音ファイルをあたかも事前に聞いたかのように行動だ後明らかになった後半成績を聞いて慌てたから。

ハンセギュ検挙後、パク・ヘヨンはシンダヒェに、フロッピーディスクの行方を尋ねる、20年前のイ・ジェハンがある刑事機動隊に送ったという。20年前の時点を移し行われた話では、その郵便物をギムボムジュがイ・ジェハンよりも先に見るようになり、自分とコネクションがある財閥家と政治家[39]の不正情報を削除して、検察に渡すことになる。結局セガン建設だけが不正に水を食べることで終わるされる。また、現在の時点に戻ってアンチスはパク・ヘヨンためギムボムジュに批判を聞く。文責遭っアンチスは怪しい気配なかったかというギムボムジュの問いにパク・ヘヨンのトランシーバーを思い浮かべるが受賞したことはないと答えている。アンチスはずっと無線機について気を使っていた。以後回想が出てきて、2000年に最後の無さを残したイ・ジェハンを拳銃で撃った人物が安置受任があらわれる。その夜パク・ヘヨンはイ・ジェファンの無線機が動作している音を聞くされ、それアンチスの机の引き出しにあることに驚かされトランシーバーを取り出しあげようその瞬間アンチスと出会う。

Sponsored Links

第9話

前回のアンチスの机からイ・ジェハンのトランシーバーを発見したパク・ヘヨン。アンチスはパク・ヘヨンにイ・ジェハンと何の関係かとキャッシュ問わが、パク・ヘヨンはこれについて言及していないイ・ジェファンのトランシーバーを持って行く。以降チャスヒョンの家に行くされてパク・ヘヨンはそこイ・ジェファンの手帳を発見し、その中でイ・ジェハンが少ないメッセージを発見することになる。そのメッセージの中には、これまでイ・ジェファンと、自分が無を行き来させて解決した事件[41]が書かれていた。

一方、パク・ヘヨンから宏源同事件について話を聞いた1997年のイ・ジェハンは女性二人が管轄署が、他の2つのゾーンで遺体で発見されたことを知って連続殺人事件が起きたことを直感する。これ刑事班長ギムボムジュに報告がギムボムジュは毎回そうきたように無視し、イ・ジェハン一人事件を掘られる。イ・ジェファンがまとめた事件ファイルを見チャスヒョンは、被害者のように憂鬱な歌を聴きながら、その移動経路に沿って宏源銅を歩いて、最終的に犯人の標的になってしまう。しかし、犯人が席を外した間何とか脱出に成功し、チャスヒョンを見つける宏源同周辺をサルピドンイ・ジェファンがわずかの差でチャスヒョンを発見することになる。[
イ・ジェファンも自分が前に好きだった女性が同じような姿でクムサルさせられたことを発見したことがないので[44]感情を取りまとめ無効できない。抱きしめている二人の後ろ路地で犯人の影が映ることチャスヒョンの回想が終わる。

2015年現在、これは、事件の唯一の生存者が本人であることをチームメンバーに明らかにしたチャスヒョン。現在ハイカーによって偶然山で発見された遺体が宏源同事件の死体と同様の手法で発見に基づいて[45]追加の調査許可を得たチームは、遺体が発見された宏源同近く山裾で調査をしていたところだった。1997年の事件が連続殺人であることを確信しているパク・ヘヨンはチーム長を説得し連続殺人が成立するためには、少なくとも三つの区以上の遺体が発見されなければならないと主張する。これチャスヒョンこの遺体は三九日ところしたと自分のトラウマであり、事件の顛末を明らかにしたもの。案の定、そのセクションを調査しよう合計9区(!!!)多くても殺した遺体が発見され、その中に表面に現れなかった宏源同連続殺人事件が再び水面上に現われるようになる。茫然に立っている5人の目前に墓地を彷彿とさせる遺体捜索現場が見え9話終結。

第10話

結局、通常の場合ではないこと警察庁が分かるようになり、警察の首脳部を集めて説明会をする。1997年の犯行パターンがほぼ一致するというチャスヒョンの報告に警察庁長はその後、その時、警察がない取って犯人が9人をより殺したことかと、これまでムォハンかと怒る。
ムボムジュは未解決事件を多数解決して、対外的に信頼されている長期米帝の専門チームに任せたら、世論を鎮めることができると主張する。警察庁長官はそのようながらアンチスに広域捜査隊も、すべてのサポートをするようにする。ブリーフィングが終わっアンチスはギムボムジュにわざわざ失敗し作って専門チームを解体させようとかと尋ねると、ギムボムジュはまだ自分の子たちと心配になるのかとパク・ヘヨンがイ・ジェハンについて詮索通っを正しく見ていないしたのかと、今回の事件を解決しない場合のように責任を質だろうと警告する。
捜査を開始した専門チームにチャスヒョンは当時の捜査状況を話していますが、パク・ヘヨンは、警察まであう明らか事件を当時班長だったギムボムジュが事件終結をなぜしたか問い詰める。これギムギェチョルとジョンホンギは手がかりがなくてどうしようもなかっただろうし、連続殺人事件の難しさを吐露する。[46][47]専門チームの捜査資料を広域捜査隊と連携するために専門チームは、新たに発見された遺体のうち身元が確認されていない最後の遺体を除いて聞き込みをした結果、すべての個人の事情で宏源棟をよく訪れた人だとブリーフィングする。パク・ヘヨンはプロファイリングの結果を知らせるために、すべての前に立つ。この時、自分は理論だけを知って捜査はよく分からない参考万しろうパク・ヘヨンの登場を気に入らないていた刑事たち[48]との専門チームの両方が驚く。嫌なティーをばたばた出しパク・ヘヨンをおろそかにしていた強力1、2年半の衡陽買い入れもますます細かいプロファイリングにより輪郭が取れる犯人特定に真剣に集中し始めている。チャスヒョンはブリーフィングの最後に自分が当時の生存者の一人だったと明らかにし、記憶を詳しく蘇らせるために進んで催眠捜査を受ける。しかし、全く新たに記憶し出した部分がなかったため、チャスヒョンはまた改めて受けるとする。[49]しかし、パク・ヘヨンは、過去に失敗した捜査方法を再び行う必要はないとして、アンチこともパク・ヘヨンの言葉合っているとする。
1997年の過去ではチャスヒョンを救出した後、警察署に連れて来チャスヒョンに被害当時の証言を聞く。それ基イジェハンと起動捜査チームは、総力を尽くして周辺聞き込み捜査をが星所得がない。イ・ジェファンは宏源銅を調査していた間にパク・ヘヨンと無が接続され、今度は宏源同事件かと尋ねる。これパク・ヘヨンは正しいとし、当時、自分たちが見つけたものの他に、より知っていることは、ないかと尋ねるが、イ・ジェハンは別にありませんが人を2人も殺し、自分のチームの末っ子まで殺そうとしたろくでなし犯人をつかむという。パク・ヘヨンは末っ子がチャスヒョンかと尋ね、イ・ジェハンがチャスヒョンをどのようにアニャゴパク・ヘヨンに尋ねると、パク・ヘヨンはチャスヒョンが今長期米帝の専門チームのチーム長と教えてくれる。イ・ジェファンは非常に驚いて「今年は言う中で最も衝撃的な言葉だね」今日のチョムオーガ明日の上司とする。これパク・ヘヨンはチャスヒョンが警察である以前に、被害者からちょっと落ち着かせる与えるためである。その言葉を聞いてチャスヒョンに会ったイ・ジェハンは犯人が怖くて警察よりないハンモックというチャスヒョンを説得する。チャスヒョンが先日とったポクチギ犯の被害者が送ってきた干し柿を与え[50]その恐ろしい犯人、[51]だれでもキャッチしていないかとする。

現在のパク・ヘヨンは、2015年のイ・ジェハンはどうか気にしないかと尋ねると、イ・ジェファンは父が占い師を通うことも頭が痛いと自分は未来について知りたくないとする。パク・ヘヨンは、2015年のイ・ジェハンが失踪状態という事実を知らせようとが無線が消える。

現在の時点の広域捜査隊はパク・ヘヨンのプロファイリングをもとに、各被害者の共通知人や移動経路を探し回ったが、共通点は一つも見つからなかった。専門チームは、最後の被害者の身元を知ってみようとしたが、行方不明者のDNAデータベースと一致する人もなく、歯の治療も、手術も受けた跡がなくて比較がないということが課題となった。ただし、致死量までではないが、体の多くの水銀が検出され、遺体を束ねた結び目と絞殺方式が他の被害者とは異なり、後ろかられたこと特異点が発見される。また、当時着ていた服を基に、2014年の冬以来[52]事件の時間を特定建てるのに成功する。

専門チームは、被害者の身元を把握するために宏源同意不動産を全部後れ、突然潜伏した女性があるかと問うが、協力もしてくれない容器に全く件支持できない。そうするうちにパク・ヘヨンは、不動産の地図に空き領域があることを見て聞くと、そこには工場だけという回答が帰ってくる。これ被害者の体で発見された水銀と関連があったものと考えており、訪ねて聞き込みをしましょう無断欠勤者がおり、その人の荷物は別に整理されていた、それを引き継ぐ受ける。パク・ヘヨンは最後の被害者に直感し、その行方不明者の家族やDNA分析を要請する。以降行方不明者のダイアリーで犯人と推定される人物が継続付きまとっ行方不明者を監視したという事実を知ることになって[53]自分の前にいたプロファイリングと一番後ろのページの家計簿をもとに、被害者の共通点は、コンビニエンスストアであることを調べチャスヒョンにその旨を通知し、宏源同意コンビニを後ろに落ちるが、犯人が働いていると推定されるコンビニを発見し[54]アルバイトをいきなり襲うだけのものをまとめた人は、前のタイミングの勤務であり、退勤したという話を聞く。

第11話

チャスヒョンはキム・ジンウの家に入るの調査途中18年前拉致された時のトラウマを続け思い浮かべる。この時、コンビニでキム・ジンウのアドレスを知ったパク・ヘヨンが、その家に入ってきチャスヒョンを安定させる。この後、警察の本格的な調査が開始され、家で事件当時、被害女性の所持品が続々と発見される。そして家タンスでキム・ジンウの母[58]のように見える人の骨も発見され、キム・ジンウ家の前の道路にいた車のブラックボックスで大きな袋を持っていくキム・ジンウが捕捉される。その方向が遺体を埋葬した同離散ので警察を出動させ山一帯を捜索する。キム・ジンウは母の骨を埋葬して、自分も黒いビニール袋を使って首吊って自殺しようとしてチャスヒョンが銃で木に囲まれた紐を合わせてキム・ジンウを求め出す。そしてキム・ジンウ頭からビニール袋を外して、「今度はわたしがあなたを助けてあげる」した後、首に拳銃を突きつけて「君はこのように簡単に終了線がない。絶対に。」と言う。

調査室の前でギムボムジュに事件ブリーフィングがあった後、パク・ヘヨンがキム・ジンウを取り調べしに入る。この時、キム・ジンウの家で発見されたN.EX.Tの「飛べひよこ」が流れキム・ジンウはユスンヨンを殺しながら感じる感情の変化を示している。この後、キム・ジンウはこれ以上の殺人をできず、生活の理由を失って、最終的に自殺を選ぶようになったということ。パク・ヘヨンは「「誰か一人でも手を伸ばしてくれたならキム・ジンウも死んだ被害者たちも皆入手することができたかもしれません」と自嘲する。その夜[59]パク・ヘヨンはイ・ジェファンと再び無接続をして、「私たちは、誰かの人生を決めることができない」と犯人は教えずイ・ジェハンはあきらめないようには言葉だけである。

1997年イ・ジェハンが型の期待に来てみるとギムボムジュが事件終結させとした仲間もあきらめなさいとしたが、帰ってきたチャスヒョンに死体の手を触って見るようにして、その感じが拉致された時タンスで触ったものと同じであることからヒントを得て、2人家具を調査した中で、下水道カバーの前の家でキム・ジンウを満たし、最終的に逮捕することになる。これにより、再び歴史変わっパク・ヘヨン時点でパク・ヘヨンが持っていたメモ紙で「宏源同事件」の部分が消えて、保持してきたキム・ジンウも消える。また、キム・ジンウが取れた時点の後に殺された人たちもまた生かされる。パク・ヘヨンはキム・ジンウを見試合治療監護所にチャトアガヌンデ、ベッドの上に座っているキム・ジンウを見た後ながら、この事件の最後の被害者であったユスンヨン[60]とスながら宏源同事件は終了。
再びパク・ヘヨンとイ・ジェファンの無接続され宏源同事件の話をしばらくした後、パク・ヘヨンが、1999年に朱肉女子高生事件が最後のケースとなり、その事件の真実を言わほしいと頼まては、無電解が壊れる。1999年朱肉高校はホームページの掲示板に匿名の「十八人の悪を告発し」という文のために大騒ぎがある。このため、被害当事者であるガンヒェスンは投信の試みをする。ギムボムジュはジャンヨウンチョルに呼び出され、どこからともなく忠誠の誓いをする[62]ジャンヨウンチョルは「何のことだ。私に忠誠をしながら。警察がその後津波」とミョンバクた後、「警察は何があっても揺れはいけません。公正かつ透明な捜査をすべき、一寸の誤差もなく」との言葉をする。ギムボムジュは型を期待に戻って特殊捜査チームを設け朱肉時に離れたが、イ・ジェファンがパク・ヘヨンの言葉を思い出しながら仲間刑事の一人に代わって捜査チームに合流する。朱肉時に到着すると、記者が縮小捜査疑惑があるという質問をして、警察署の中では、被害者が最初に示さヘトダドン朱肉時不良サークル子供を調査していた。ギムボムジュは朱肉時刑事班長からその間の中間報告を受けてめちゃくちゃながら透明にしなければならならないと、班長に告発文の作成者を必ず見つけ出せばならない。イ・ジェファンはアンチスとしたチームになって、被害者に会って、その文が事実であることを確認するように命令を受ける。

現在の時点に戻ってアンチスは娘が一人いるが集中治療室で治療しているが一つ長く持ちこたえられないという言葉を医師に聞く。この後、ギムボムジュにもどしパク・ヘヨンの不良報告を追及受けて「今だ終わりました。」と辞表を出し去る。そして、娘が入院している朱肉病院に入り、パク・ヘヨンに電話をかけ、真実を知っている余裕がある場合朱肉に降りて来るようにする、「私は私の手でその事件を操作したから」と。そして2時間後朱肉病院前の約束をとる。

再び1999年にイ・ジェハンはアンチスと被害者ガンヒェスンを病院に訪れ[63]アルコール依存症の父の誠意のない答えだけ聞いて、強制的に病室の中に入っ名刺を伝えたが、父がその名刺をしわ病室の外に投げつける。これバクソンオが見舞い来拾っ取る。この後、イ・ジェファンは電話を受け、犯行場所を見つけて行って警察署にと老夫婦と女子の目撃者の陳述を聞く。これを土台に、加害者名簿を作成するのに、イ・ジェハンが確証がないとしましょう仲間の刑事ギムジョンジェが休んこいという。だから宿泊施設に行ってバクソンオが伝えた州の高校生徒会の間部修練会の写真を集めて写真の中の人物の数に告発文にあった7人の人間の感覚キャッチします。現在のパク・ヘヨンは待ち合わせ場所である朱肉病院に向かうに朱肉病院入る前特異置物を単黒い車の一台を過度ます。そして立つ病院に入っアンチスに電話をが受けないと、リンギング電話のベルの音に沿って行って腹部から血を流すアンチスを発見する。

第12話

パク・ヘヨンは血を流しているアンチスを発見し、119に申告しようと一つ 今いる場所が病院なのに?アンチスが引き止めて、無線機のイ・ジェハンの声を聞いた彼は生きているわけありません石の階段の下で確認したという話をする。また、イ・ジェハンを殺したのが自分だと言って、すべての始まりは朱肉と言っては死ぬ。そして天然水のギムボムジュとアンチスのチームは唯一の目撃者であるパク・ヘヨンを容疑者として疑って調査する。また、長期的な米帝の専門チームをアンチス係長殺人事件の調査から除外させる。パク・ヘヨンは調査を受けるときの星の話をしていないが、チャスヒョンにパク・ヘヨンはアンチスがイ・ジェハン不正事件と絡んでいることを言って、またアンチスがイ・ジェハンを殺したことを言う。

1999年イ・ジェハンは生徒会の幹部学籍簿を調査し、これを聞いたギムボムジュは慌てない。だからもしかしたら知らない告発文の作成者とイ・ジェファンの接触を遮断するために、生徒会の幹部の電源を別の場所に移動させようとが、イ・ジェハンは学籍簿を介して特異点が現れたイ・ドンジンが告発文の作成者であることを推理してアンチスによって移動する直前に見つける。イ・ジェファンはイ・ドンジンを尋問するが、バクソンオがガンヒェスンを取ると自分の家で勉強を教えたことを言った後、話を続けたい瞬間イ・ドンジンの父が訪ねてきては、いきなりイ・ドンジンを連れて行く。そしてギムボムジュは相手が未成年者ニ正式に手続きを踏んと、生徒会の幹部を族ば、最初の一人が出てくると言う。そして、朱肉で刑事班長がギムボムジュに「本物だ明らかにか」と尋ねると、ギムボムジュは「お金がなくてコネもなく、誰もその人を包み込んでくれないほどの犠牲、すでにその学生が文ました。」と意味深長な言葉をする。

パク・ヘヨンはチャスヒョンに朱肉女子高生の事件のための材料を見せていた、チャスヒョンはパク・ヘヨンの当時の話を聞きたいと言う。朱肉女子高生事件当時、警察がバクソンオを逮捕して、最終的にはバクソンオが主犯に集まってパク・ヘヨンの親は離婚をしてパク・ヘヨンは父に沿ってソウルに上がってきた。そしてバクソンオが少年院から出てきたという話を聞いて見つけた時はすでにバクソンオは自殺した後だったと言う。パク・ヘヨンが高校生に成長した後、コンビニでバイト中偶然に会った同級生と話をしている途中目撃者の一人が偽りの証言をしたことを知り、彼を追及ある私にそう言っようそんなことが、警察は思いという衝撃的な言葉を聞くことになる。

再び1999年に朱肉高校幹部電源は主犯でバクソンオを指摘し、バクソンオは自分が犯人でないと病院で拾ったイ・ジェファンの名刺を見せて、自分が犯人であれば、なぜ人間の子供が誰なのかを知らせる写真を持ってくれたかとする。その後イ・ジェファンはイ・ドンジンの家を訪ねて行って家の外にある柳を見て、「すべてのものが始まった柳家」は、イ・ドンジンの家であることを知り、当初柳家と知られた犯行場所が実際の名前が桜ゴールだったこと明らかに出す。そして犯人、証人、地域の警察、さらには同僚刑事までイ・ジェハンを欺いていることを知って仲間刑事ギムジョンジェを追及するが、ギムジョンジェは義理の兄弟借金の保証のために仕方なかったとは一度だけ目をつぶってもらう懇願する。イ・ジェファンはギムボムジュに朱肉セメントお金受けそうのかと問わが、被害者ガンヒェスンさえバクソンオを主犯と指摘しよう言葉を失う。

現在のチャスヒョンがギムジョンジェを訪ねアンチスが殺害遭い、アンチスが死ぬ前に自分がイ・ジェハンを殺した言った言って、朱肉事件について何と言っても言ってもらいますが、ギムジョンジェがして与えることができる話は「在韓このは、その事件の放棄していない” だけだった。一方、パク・ヘヨンは警察署から出てくるギムソンボムが乗る車にかかっている特異な装飾を見て、それがアンチス殺害事件があった夜の病院から出てくる車にかかっていたことを気づく。そしてギムソンボムをプロファイリングしギムソンボム母親名義の家をチャスヒョンのように不法侵入して調査か証拠が得られていが、出てくる道に石段下の土が奇妙なのを見てアンチスが死んでいくした「明らかにそこにだった。石段下”を思い浮かべる。だからアンチスの行跡を調査し、確信を持つようになると、石の階段の下を掘っ白骨死体を発見する。白骨死体肩の骨から発見された鉄心と、のように発見された身分証明書に書いてある名前はイ・ジェファンだった。

Sponsored Links

第13話

結局、発見された遺体は、イ・ジェハンに明らかになったことになる。そのため、イ・ジェファンの葬儀が行われる。不正刑事という濡れ衣を書かれている脾臓彼の葬儀には花輪一つなく訪ねてくる人なし寂しい。この時、チャスヒョンは朱肉事件以後以上になった型の期待の雰囲気を回想することになる。[64]そしてパク・ヘヨンはイ・ジェファンの物品を見ていたのは過去自分の生活に影響を及ぼした彼の存在を実現する。型が性犯罪に引かれて入った次の世話を受けていない人であちこち彷徨と通っていた頃、子供パク・ヘヨンがむやみに殻家でオムライス[65]をさせて食べされるが、この時、継続的にオムライスを食べゲクム殻家の叔母にお願いしており、彼を見ていたことが明らかになっている。

以後パク・ヘヨンは、引き続きさまようが型が濡れ衣を書いたという事実を知ることになり、専用の高校の同級生の制限ヤン助けを借りて、警察大学に入ることを目標にみなすようになる。また、現在に戻ってパク・ヘヨンは、直接イ・ジェファンの遺体を目撃した後、再度接続しているイ・ジェファンとの無線でのイ・ジェハンを生かすために「探偵が幸せになりたい」と、もはや事件を把持ないようが、イ・ジェハンは笑って「パク・ヘヨンと彼家族が幸せになりたい」と捜査を続けていくとする。チャスヒョンは朱肉事件とイ・ジェファンの死が関係していると考えて、朱肉事件の真相に近づくために天然水の密か長期米帝の専門チームを稼動させる。パク・ヘヨンとチャスヒョンは朱肉事件の被害者であるガンヒェスンを見つけ、彼女から事件の後ギムボムジュ局長があったことを知るされ、最初の事件を始めた真犯人が誰なのか質問する。同時に、過去では、イ・ジェファンが街を闊歩する学生一人を削る見守る。

第14話

パク・ヘヨンとチャスヒョンは被害者ガンヒェスンから事件の真犯人が朱肉セメント社長の息子であり、国会議員ジャンヨウンチョルの甥であるジャンテジンという事実を聞くことになる。事件があった日、イ・ドンジンの家でガンヒェスンは金持ちの息子であるジャンテジンがバクソンオを張る示すように、言葉を聞かせてかっとなって[66]バクソンオと比較してジャンテジンを皮肉の種だが、怒ったジャンテジンに性的暴行をれることになる。ガンヒェスンはバクソンオが少年院出所後罪悪感に自殺をしたという話にバクソンオは絶対自殺しようとする人の姿がなかったと疑問を提起する。パク・ヘヨンは型の濡れ衣をむいてくれと証言を勧めますが、ガンヒェスンは被害者である自分にあまりにも過酷だった過去に言及[67]で拒絶された飛び出していく。

イ・ジェファンの情報提供に感謝の意を受けたギムボムジュはイ・ジェハンに怒りを示すが、イ・ジェハンはその中の多くも害を与え召し上がったと必ず真実を明らかにすると宣言する。次いでギムボムジュはイ・ジェファン父の店にイ・ジェハンを訪ねてきて、お金が必要でないかと提案したが、イ・ジェハンはお金もらっ後捨て受けいっそ大変でも真うと返事する。以後ギムボムジュはジャンヨウンチョルに連絡がされていなかったため、彼を訪ね卑屈にひざまずいて祈るが、彼にはもう暴れマラゴ脅威を受ける。

再び現在のパク・ヘヨンは、目撃者がアンチスと会ったことを覚えて、アンチスが病院で移動していたパスを把握、地下1階の円形虚偽で型が意識を失うほどの精神安定剤を投与されたことを知る。つまり自殺を装った他殺であり、アンチスはこれ前しようとされたものだった。過去の事件の唯一の証拠ショールのバクソンオはこれイ・ジェハンに伝達しようとしたが、イ・ジェハンはいきなり発生した事件に出動するチャスヒョンが気になっバクソンオとの出会いをしばらく先送りに出動したが剣に迎え負傷を着る。チャスヒョンと会ったパク・ヘヨンは型が殺さダンヘトウムを話して無についての真実を言う。以後無接続されると、イ・ジェハンに型を助けてくれ叫ん、チャスヒョンはこれを見て衝撃に陥る。型を生かしてほしいというパク・ヘヨンの無を受けたイ・ジェハンはパク・ヘヨンが型が買う該当すると言われた日が今日であることを知って、病院に入院していたにもかかわらず、[68]朱肉に飛び出していく。

第15話

チャスヒョンはパク・ヘヨンとイ・ジェファンとのこの無電解がいつ開始なったのか問わが、その瞬間天然水の刑事たちがパク・ヘヨンをアンチス刑事襲撃事件の容疑者として緊急逮捕する。証拠と証人がすべて明らかになったということ。チャスヒョンはこれを防ごうとパク・ヘヨンは応じていくのでバクソンオ変死事件の資料を見せてくれますが、[69]天然水の刑事たちはその言葉を無視して、彼を逮捕していく。このときパク・ヘヨンはトランシーバーをチャスヒョンにそっと渡す。

時間を遡って、2000年にイ・ジェハンはソヌに走っていく。ソヌはドンドンながらイ・ジェハンを待っドアノックの音がドゥルリジャイ・ジェハンがつもりだった知っていくの外にあるのは、他でもないギムボムジュ課長だった。カテゴリは、イ・ジェファンのお願いに来た話だが、彼が訪れたのはソヌが前日に晋陽警察署でイ・ジェハンを見つけたことを聞いて、事前に手を送るために来たのだった。理由はジャンヨウンチョル議員にソヌが付いている証拠と自分の内査中止を取引するために。ギムボムジュはソヌとの対話を通じてソヌが無罪を立証するための努力を決してあきらめないことを知り、しばらく水を持ってもらった後、ソヌのカップに薬を持って行く。[70]この後、カテゴリは朱肉女子高生の事件の主要な証拠ショールを持って家から出て幼いパク・ヘヨンと擦れスイープ。イ・ジェファンはやっと到着したが、すでに一歩遅かった。病院でソヌの死を確認して、そのそばにいるパク・ヘヨンを見守っていたイ・ジェハンは2015年のパク・ヘヨンと無いた内容を反芻。一方、現在のパク・ヘヨンはアンチス係長殺害事件について調査されている。しかし、すでに証拠は、操作された状態でパク・ヘヨンが真犯人で追い込まれている状況である。ギムボムジュは「操作された証拠は、お金を集めて偽証した証人たち..放棄しなければそのようにマニフェストなんて型のように。」と言って嘲笑する。

過去のカテゴリは怪我をした指を悩ませているが、[71]イ・ジェハンこのカテゴリのオフィスに処理入ってくる。イ・ジェファンは朱肉でのソヌ事件の経緯を聞いて、背後にギムボムジュがあることを確信していた後、怒りて「見てくれるのは、ここまでな」と宣戦布告した後、連れて行かれていく。家に帰ってきたイ・ジェハンはソヌとの対話と、2015年パク・ヘヨンのお願いを回想し解決していないことを自責する。そんな中、無接続されると、パク・ヘヨン経緯に申し訳ないとが無向かいにあるのは、2015年のチャスヒョンだった。驚いたイ・ジェハンにチャスヒョンは15年も待っていたが、最終的には死んで帰ってきたと泣き叫ぶ。イ・ジェファンは何か言おうとしたが、代わりにパク・ヘヨン経緯に起こっているかと尋ねる。チャスヒョンはパク・ヘヨンがイ・ジェハン刑事に彼の死を伝えることができなかったと言って考えて、8月3日スニル精神病院に行かないように叫ぶ。やがて無が切断されるとイ・ジェハンはメッセージに「8月3日スニル精神病院」を書く。

2000年チャスヒョンは出勤後、自分の机の上にギフトボックスがあるのを見て、オフィスを見回してイ・ジェハンを探す。しかし、イ・ジェファンが転勤を申請したという話を聞いて、外飛び出し離れようとは彼を発見する。自分が受けてたかったの、このようなものではない恨みでプレゼントを返したが、イ・ジェハンは手に贈り物を握らくれ痛めもなく痛くもなく注意すると言う。チャスヒョンは自分が言った言葉のためにこれをやっている場合そうなとがイ・ジェハンはチャスヒョンに「刑事は一目売ればならない仕事です。」と言った後去る。[72]

の現在のパク・ヘヨンは留置場に閉じ込められていて、チャスヒョンは彼に尋ねて来て、どうすればイ・ジェハンを生かすのかと尋ねる。しかし、パク・ヘヨンは、過去を変える現在変わる恐れている。しかしチャスヒョンはギムソンボムがイ・ジェファンと寸法の死に関連していると、彼を追求するなら、イ・ジェハンを生かす手がかりを得パク・ヘヨンの濡れ衣を剥がせるだろう説得する。次の日の天然水の刑事は調査のための専門チームのパク・ヘヨンの荷物を押収が状況がおかしいと感じるの専門チームは、天然水のに不満を示している。チャスヒョンはギムソンボムこのキーを持っていることを明らかにして専門チームはギムソンボムについて調査を開始する。調査中チャスヒョンはギムソンボムを追う者が専門チームのほか、あることを調べパク・ヘヨンと相談して、彼を追う人がまさにギムボムジュ局長であると仮定する。パク・ヘヨンは電話でギムソンボムが音声録音したものを見つけて、彼予告した時間と場所を知った後、裁判所に護送れた中脱出してチャスヒョンとギムソンボムに行く。

過去2000年7月29日、[73]イ・ジェファンは、カテゴリの犯行を明らかにショールと関連した資料を受けて検査に証拠を確保したとの約束をとるがいこうとする瞬間完了キム・ユンジョン誘拐事件が起こる風のデータを机の引き出しに入れて捜査に臨む。[74]

の現在のパク・ヘヨンは11時にギムソンボムとの待ち合わせ場所に行く。ギムソンボムはギムボムジュの証拠の話しようとしますが、チャスヒョンが表示される風の逃走しようとしていたのつかまえられる。チャスヒョンはギムソンボムにイ・ジェファンの死について尋ね、彼はイ・ジェファンが自分の死を招くしたという。[75]過去のキム・ユンジョン誘拐事件は、ソウル庁からカテゴリといくつかの刑事が調査に派遣される。その際脅迫メールが発見されると、カテゴリは刑事をすべてエクスポート空のオフィスでイ・ジェファンの桁を後ろに落ちるが、自分のための材料を発見する。この後、スニル精神病院でイ・ジェハンを握ったカテゴリはイ・ジェハンに資料を持って最終的にあきらめてくださいしかし、イ・ジェファンは対抗している途中ソンボムの剣を迎え野山に逃げる。このとき無が来て、これが最後の無になるようであり放棄しなければ、過去には変わという言葉を伝える。[76]結局イ・ジェハンは寸法に銃を打たれ、追いかけてきたギムソンボムは血まみれの手をぬぐっ時間を確認するために、その時刻がすぐに’11時23分」。つまり無接続されている時間は、まさにイ・ジェハンが死んだ時だった。

現在でギムソンボムに話を聞いたパク・ヘヨンは、自分のためにイ・ジェハンが死んだ自責する。[77]チャスヒョンが混乱に陥ったパク・ヘヨンに気を使うの間ギムソンボムが逃走するが、突然現れた車に轢かれてしまう。パク・ヘヨンはギムソンボムに走って行って確認したが、すでにギムソンボムは即死した後であった一方、チャスヒョンは脱出しようとするので車のタイヤを撃っ合わせ運転を制圧しようとしますが、後部座席から誰か出て、彼に精神が売れた隙に制圧しようと運転手が攻撃する。格闘の末、ドライバーは合って倒れたが、よりによって倒れ位置がチャスヒョンの合計が飛んだ位置であった。運転手はチャスヒョンに銃を向けて、これを発見したパク・ヘヨンはチャスヒョン代わり撃た倒れる。撃た倒れたパク・ヘヨンはチャスヒョンに無線を継続する必要がありイ・ジェハン刑事を生かさなければならないと言う。精神を失ったパク・ヘヨンと銃に当たって倒れたイ・ジェファンの様子、イ・ジェハンとパク・ヘヨンが互いに幸せ欲しい無場面が交差され、15回が終わる。
残して行うその人は果たして戻ってくることができるのか。

第16話

パク・ヘヨンはチャスヒョンに無線を続けなければならならないと11時23分の無を待つ。過去では、以前と同じような状況が展開されるが、イ・ジェハンはキム・ユンジョン誘拐事件を調査し、ソヨウンジュンのガールフレンド調査を提供し、ギムボムジュは無視し、チャスヒョンはすぐに解決されること話しかける。イ・ジェファンはスニル精神病院に向かって、そこから無接続されると、今度はパク・ヘヨンと一緒チャスヒョンも話しかける。しかし、無向かいにあるのは、他でもない無を初めて受けたパク・ヘヨンだった。現在では、11時23分されたが無が接続されておらず、パク・ヘヨンは救急車に乗せられていく。パク・ヘヨンは救急車でチャスヒョンの頭が風に揺れること[79]を見て、何か変わったかもしれないとチャスヒョンに記憶から変わった点を考えてみている。[80]チャスヒョンは過去の記憶を振り返っていた中イ・ジェファンとの最後の出会いで、以前は「週末には終わるだろう」と話していたのとは異なり、今では「すぐに終わるもので、必ず帰ってくる」ということで記憶が変わったことを気付く。

過去のイ・ジェハンはアンチスに価格、当該連行された後、我に返って、証拠ショールを出しとどうせ変わるのはない彼の言葉に、そのショールは朱肉事件だけでなく、ギムボムジュがバクソンオを殺した証拠品もなるという。このとき、衝撃に陥った寸法を後にしたまま、ギムボムジュが入ってきて、15話のような状況が繰り広げられる。イ・ジェファンは、自分自身を懐柔するギムボムジュにどうせ生かし与える考えがないことを知っているとロープを切って脱出する。彼の後を追いたいことアンチスが妨げ万ギムボムジュは彼に娘とイ・ジェハンの間で選択するとし脅す上げ、アンチスはギムソンボムとイ・ジェファンの後を追う。[81]

現在のでパク・ヘヨンは、病院に運ばれてきて心停止状態になる。彼は無が接続されたのは、イ・ジェファンが自分の死のためではなく、すべてのものが、アメリカ帝国主義に埋め込まれることを望んでいないからだと思って、今回は無からではなく、自らの力で生きて出てくることを願う。しかし、パク・ヘヨンは、最終的に死亡してしまう。

過去にイ・ジェファンは、自分が死ぬすべてが米帝がされるとし必死に逃げるが、すぐにアンチスとギムソンボムに基づいて取れる。しかし、アンチスが銃を構えた瞬間、警察が現れ、それら逮捕する。イ・ジェファンはなぜそう遅くきたかとすぐにギムボムジュからキャッチと、彼はすでに逃走した後だった。存続イジェハンは病院よりチャスヒョンの家には、今度は約束を守ったと彼女を抱き締める。

パク・ヘヨンは屋根裏部屋で目を開いて、自分の正常な体と家族との幸せな写真を発見する。彼は自分の変わった記憶を振り返りイ・ジェファンがソヌの濡れ衣を友たし、家族が団結できるように助けており、自分がイ・ジェハンにお礼をしていたことまで考えこなす。パク・ヘヨンはすぐイ・ジェファンの父が店を訪ねて行くが、驚くべきことにイジェハンが15年の間に行方不明の状態という話を聞く。彼はすぐに長期未解決の専門チームに駆けつけたが、そこの刑事は全く自分を知らないおり、長期未解決の専門チームというものは存在すらしていなかったことを実現する。[82]のようなチームだったギムギェチョルと正憲祈り、自分を全く知らずおり、チャスヒョンの行方を尋ねるが、どこに行ったか分からないと答えのみを得る。また、無線機も発見していない[83]。

過去からイジェハンと会うたチャスヒョンは香水を配り期待がイ・ジェハンは、彼女を殻家に連れて行く。チャスヒョンはギムボムジュを巡回イ・ジェハンに十分したと乾燥だけイ・ジェハンは背後を持ってなければおろすは確約を伝える。現在のパク・ヘヨンは殻家おばさんを介して彼らの話を聞く。過去のイ・ジェハンは引き続きギムボムジュの痕跡を追って、最終的に彼を発見するのに、ギムボムジュはジャンヨウンチョル議員を握るというイ・ジェハンの言葉にただ殺人刑事がどのようにハゲトニャと嘲笑する。イ・ジェファンは大道事件を通して明らかになった晋陽新都市不正に関連するディスクのコピーを要求するが、突然、一度の群れが現れたイ・ジェファンとギムボムジュを攻撃する。ギムボムジュは彼らに攻撃当該死亡し、イ・ジェハンはギムボムジュが抱いていたバッグを持って脱出する。[84][85]

の現在のパク・ヘヨンはギムボムジュ殺人事件の資料を見て、彼は2000年11月24日に死亡したイ・ジェファンが殺害容疑を裏返し間伐知ることになる。パク・ヘヨンは無なくてもイ・ジェファンとのつながりを見つけ、チャスヒョンの机の上に接続されていたイ・ジェファンの手帳でメモを発見する。[86]そのメモに書かれたものは32-6。これはパク・ヘヨンの本家アドレスにのみイ・ジェハンとパク・ヘヨンだけが認識可能な内容であった。過去のイ・ジェハンは遠くから自分に向かって今後の無理を発見した後、急いでメモにこれを書く。パク・ヘヨンは家には母から異才が預けた書類封筒を渡されて、その中でフロッピーディスクとイジェハンの手紙を発見する。[87][88]イ・ジェハンは手紙の中で、自分が存続者無は切れたが、罰を受ける奴が受けなければいつ同じことが起こることがあることに気づいたと、今ではフロッピーディスクを公開しても無為に戻るので、彼に任せるという話を伝える。また、それらの間で無は回り回った死んだはずのイ・ジェハンが生存したので、両者の間の縁が切れて、もはや無が接続されていないと推測する。

現在で晋陽市不正文書は、インターネット上で公開されて窮地に追い込まれたジャンヨウンチョルは15年前のその刑事をすぐ探し出せは指示を出す。

パク・ヘヨンはイ・ジェファンの手紙が入れられた封筒に押されたスタンプを見つけ、彼の行跡を探し求めたが、その時期発見された遺体の彼ないことを確認して安堵する。そんな中、やはりイ・ジェファンの行方を探し回っチャスヒョンを満たすために、チャスヒョンの変わった記憶を聞く。チャスヒョンは自分はまだ15年目イ・ジェハンを見つける通っている中だが、「仲間や家族を置いて連絡するか、存在しない人ではないので死んだもの」と推測していた以前とは異なり、イ・ジェファンが生きていると信じている。[89]チャスヒョンは、彼が消えた後、電話一本を受けたが、何の返事もなかったイ・ジェハンということが分かるイトオトダミョその発信地を探して、この近くを後になったのだろうと説明している。しかし、パク・ヘヨンはイ・ジェファンの生死について懐疑的な反応である。その際、チャスヒョンはパク・ヘヨンが渡したイ・ジェファンの袋から「正弦療養病院」という文字を発見し、パク・ヘヨンに先日、文字を受けたと見せていて、その内容は「2月5日、正弦療養病院に絶対行くない」だった!チャスヒョンは小さな療養病院であれば、隠れて過ごすことができるとするが、パク・ヘヨンは補助者なし絶対15年を息をすることができないと言う。その際、イ・ジェファンの父に会ったときの灰皿の上で燃やした江原足バスの切符があったことを思い出し、彼の父の助けを受けたかもしれないことを思い出す。パク・ヘヨンは、文字の内容どおりに来れば危険である警告であると言うが、チャスヒョンは、私たちにこれを送信者は、これを受信すると、私たちが動くしかないということを知っているので送信と確信する。彼らはイ・ジェハンを探し出し、パク・ヘヨンはイ・ジェハンが、別の未来の誰かと接続されているかもしれないと推測する…パク・ヘヨンはトランシーバーを超えての声が教えてくれた」放棄しなければなる」という言葉を噛み締め、チャスヒョンは「本物過ちを正さなければなら過去も、未来も変えている」は、イ・ジェハンの言葉を覚えて希望混じり目を引く。

同じ時刻、腸員が送信ギャングが正弦療養病院ではやって来るてイ・ジェハンをとるための調査である。再び無線機が鳴る

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA