BG身辺警護人第2話のネタバレと感想まとめ。気になるお姫様抱っこは?

BG身辺警護人

BG-身辺警護人の2話は、裁判官妻の警護(大塚寧々さん)ということですね。

裁判官・行永(田中哲司)の自宅で自転車放火事件が発生。警視庁SP・落合(江口洋介)らが警護につく。

どんな結末になるのかどいうことはネタバレのところまでいってしまいましょう。

さてBGの2話、どんな展開なのでしょう。

斎藤工さんはどのような木村拓哉さんと関連してくるのでしょうか?

というわけで、BG-身辺警護人、第2話のあらすじ、ネタバレ、感想などです。

「見逃してしまったー」という場合、
BG 身辺警護人の2話の見逃し配信動画は、U-NEXTで見られます。

BG身辺警護人の第二話の見どころは?

第2話の一番の見どころは、

キムタクが大塚寧々さんをお姫様抱っこするシーンで決まりですね。

BG身辺警護人の第2話のネットでの感想は?

https://twitter.com/charutaku/status/956515857710006272

 
結構、第2話も好評みたいですね。

Sponsored Links

BG身辺警護人の第2話ネタバレ

大塚寧々さんの自転車が放火事件が発生。

裁判官の妻である大塚寧々さんには木村拓哉率いるBGチームが担当。

実は、その放火したのは、、、

夫である行永。だったのか?

裁判官の妻である大塚寧々さんを夫が不審に思い、探偵などを屋ということができないため、
BGを雇うことになったということ。

相手は、不動産会社の営業マン。30歳前半のイケメンと大塚寧々さんは楽しく話をしているシーンもありました。

その様子をクライアントの夫に伝えると、

 

「なんだか名前に聞き覚えがあるな」

 

その営業マンはなんと、裁判中の老人ホーム殺害事件に関係する人だったのです。

一方、大塚寧々さんはスーパーで買い物途中に

「お腹が痛い」といってうずくまってします。

人だかりができた瞬間に、大塚寧々さんはBGの警護から逃げることに成功。

菜々緒たちは筆致に探したところで木村拓哉を合流。

亜佐美(大塚寧々さん)は、トランクルームで発見。

三上は、ストーカー事件で、1年前判決をした家族で
三上の結婚相手がその女性であり。半年前に亡くなった。

ママチャリを燃やしたのは、実は三上たった。

エレベーターでハンマーを持った三上と島崎(木村拓哉)がやりあう。

最後には三上が警官に抑えられて終了。

また、立花愛子(石田ゆり子)がSPを頼みたいという話が出て来る。

まとめ

ドラマBG身辺警護人の鍵になるであろう「ネジ」の存在についてまとめました。

第2話以降、今後の展開が楽しみですね。

>>BG身辺警護人の見逃し配信はこちらで確認

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA