No drama No life

menu

Dramatic Memo

1月ドラマ東京タラレバ娘の原作を大人買い!坂口健太郎が演じるKEYはこんな人!健太郎君にののしられたい

[ PR ]

2017年1月ドラマ「東京タラレバ娘」のキャストが発表になりました。キャスト全体の紹介、過去の作品などについては、別記事にまとめるつもりです。でも!KEY役が坂口健太郎君と聞いてきゃーーとなってしまったので、坂口君ファンで原作を読んでない方に、ちょっとご紹介。

Sponsored Links

東京タラレバ娘、坂口健太郎が演じるKeyはこんな人!

東京タラレバ娘、原作があります。ってみんなご存知だと思うんですが、東村アキコ作・東京タラレバ娘という漫画です。Kissに連載されていたので、少しお姉さんな少女漫画というか、女性漫画というか、って感じですね。

コミックは6巻まで出ています。

はい、私は大人買いしちゃいました。

漫画のストーリーを大まかに説明すると、こんなはずじゃなかった、と思いながら、気が付けば30代半ば。「アラサー」という言葉にしがみついている独身女性の話です。しがみついてる、なんて言わないで~と同世代の私はおもっちゃいますが、でも、そんな感じに見えるのかなあ(しょぼん)

脚本家と言えば聞こえはいいけど、まともに書いているのはWebドラマの脚本のみ、それも、若い女の子に持って行かれてしまって、腐っている主人公の鎌田倫子(吉高由里子)とその友達2人の話です。

そんな3人に居酒屋でばったり出会う金髪イケメン男が坂口君演じるKEYという役。
「君たち、もう女の子じゃないでしょ」「~~してタラ、~~してレバ、ばっかり言ってるタラレバ女!」と言い放ちます。もちろん、「あいつ何様~!」となるのですが、その金髪男の正体は…?

まあ、それを言うだけのことはある人物だったりするのですが、それは、ドラマや原作を見てからのお楽しみ、って感じですね。なにやら、過去に何かあったニオイもぷんぷんします。

もし、原作通りにドラマ化されるのであれば、吉高さん演じる倫子と、ちょっと、ヤバイシーンがありそうですよ。やってくれるのかなあ、そこまで。

公式HPに書いてある通り、放送のある水曜日22時の女子会は禁止になりそうな雰囲気です。倫子たちのセリフにぐさっ!KEYのセリフにぐさっぐさっ!と来ちゃいます。

そして、あのセリフやあのセリフを坂口健太郎君から聞けるのかと思うとそれだけで、ぞくぞくしちゃいますね。坂口君というと、「とと姉ちゃん」のほんわかしたやさしい系のイメージだったんですが、模倣犯のピースを見たせいもあって、KEY役ぴったり!とおもってしまいます。ドSな、でも、実はいい人?な役に期待しちゃいます。

気になった方は、ぜひ、原作を読んでみてくださいね~。

Sponsored Links

ネットでのKEY=坂口健太郎の反応は?

さて、ネットでの反応を見てみましょう。

そう、KEYにはこの人がモデルになったんじゃない?と言われていた人がいます。それは、韓国のアイドルグループ「SHINee」のKEYさん。名前もそのままなら、見た目も納得、という感じに似ているんですが、さすがに、その人を連れて来るわけにいかなかったんでしょうか。

でも、坂口さんもぴったりだと思います!

東村アキコさんの原作は、漫画としての完成度が高いので、ドラマ化して、どうなのかな?と非常に微妙だったんですが、吉高さんや主要キャラの写真を見るとあまりにもピッタリすぎて、びっくりしちゃいました。これは、ドラマの内容も期待できる?

坂口さんだけでなく、結婚後初の連ドラ出演になる榮倉奈々さんや、吉高さんと朝ドラ以来の共演になる鈴木亮平さん、その他のキャストにも期待したいと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ