2016
12.05

ドラマ・カルテットの キャスト一覧!吉岡里帆も追加で期待高い声!

2017年1-3月期, カルテット

カルテットとは四重奏の事で、同じ楽器または違う楽器の4人で演奏することをいいます。
音楽をしている4人の男女の物語が描かれます。
今回は2017年1月から始まるドラマ『カルテット』のキャストについてわかりやすいように一覧にしてお送りします。
ちょうど先日吉岡里帆さんがキャストとして追加されました。

スポンサードリンク

ドラマ・カルテットの キャスト一覧!吉岡里帆も追加

それではドラマ『カルテット』のキャスト一覧を見ていきましょう。

松たか子

役:…巻真紀(まきまき)役。
第一ヴァイオリン担当
役柄:家庭があるため普段は都内で生活し、週末だけ演奏のために軽井沢に通っています。
極端なネガティブ思考で自ら主張することは少なく、他のメンバーたちより一歩引いた存在の真紀。
しかし、時どき核心に触れる発言をするなど、とらえどころのない人物を演じます。
松さんのネガティヴのイメージが全く想像つきませんが私はきっと松さんの演技に入り込んでしまうと思います。
代表作:ドラマ「ロングバケーション」、「ラブジェネレーション」、「HERO」 その他舞台にも多数出演。
最近の作品:連続ドラマの出演は2012年のTBSドラマ「運命の人」以来5年ぶりということになります。
松さんコメント:

「ラブ・サスペンス、ラブ・サスペンス、ラブ・サスペンス・・・、と繰り返しつぶやいていると、何だかにやにやしてしまう、若干自覚のない私ですが、こんなに魅力的なスタッフ・キャストとこの冬を過ごせるのが、本当に楽しみです。」

備考:ネガティヴで控え目な役どころは「HERO」での明るく真っ直ぐなヒロインとは真逆でどんな演技をされるのか楽しみです。映画の「告白」では怖い演技もされてて明るい松たか子さんのイメージは変わった方も多いんじゃないですかね。カルテットではどんな演技をされるか今から楽しみです。

満島ひかり

役:…世吹すずめ(せぶきすずめ)役。
チェリスト担当
役柄:すずめは、無職のため司の祖父が所有する軽井沢の別荘に住みつきます。
基本的に寝て過ごしていることが多いですがひとたびチェロを手に取ると人が変わります。
満島さん独特の演技がスズメ役としてどう演じきるかが見どころですね。
常にマイペースでのんびりしていますが、カルテットに加わったのにはある目的があるそうです。
この目的とは?気になりますね。初共演の松たか子さんとの演技がとても楽しみです。
代表作:1997年に7人組ユニット「Folder」で歌手デビューをし2004年に女優に転身します。
2013年のドラマ「Woman」で演技が評価され、2015年のドラマ「ど根性ガエル」のぴょん吉の声を演じるなど声優もこなします。
最近の作品:最近ではドラマ「トットてれび」で黒柳徹子役を演じたことも話題になりました。
満島さんコメント:

プロデューサーの佐野さんが「いつか坂元さんの脚本で一緒にドラマを作るのが夢です」と語ってくれたのは4年ほど前のこと。松さんとのタイミングを合わせて、松田さんや高橋さんがやってきて、楽しくなりそうだワクワクするなと思っていたら、”弦楽四重奏”ですとっ!
私はチェロ弾きの役ですが、正直大変です。あと3年は練習したいし、どんなことになるのか未知です。ですが、ドラマを見た方が何だか癒される作品になるといいなと思います。
だいすきな坂元さんの脚本と面白い先輩たちに囲まれて、始まる前の今がいちばん幸せかもしれません。

備考:満島ひかりさんとは同世代でfolder5の頃から知ってます。映画の名演技も高評価なので今回のカルテットはとても期待しています。

松田龍平

役:…別府司(べっぷつかさ)役。
真紀と同じく第2ヴァイオリン担当
代表作:1999年の映画「御法度」で俳優デビューをし、最近はドラマへの出演も増えております。
最近の作品:朝ドラ「あまちゃん」やドラマ「営業部長 吉良奈津子」などに出ています。
吉良奈津子での松田さんは一見クールでしたがあどけない笑顔がとても好印象でした。
役柄:司は音楽一家に生まれ、ドーナツ会社に勤めながらヴァイオリンを弾いています。4人の中で唯一、冷静にほかの人物とコミュニケーションを取ることができるリーダー的な存在です。カルテットの活動の拠点として祖父が所有する別荘を提供します。
一見、何不自由ない生活を送っているように見える司にも、誰にも言えない秘密があった・・・。この秘密がとても気になりますね。
松田さんコメント:

ちょっと変わった3人と弦楽四重奏をはじめることになりました。
何かと秘密がありそうな4人が、これからどんなカルテットになって行くのか楽しみです。
ヴァイオリンは初めてなので頑張ります。

備考:ドラマ「カルテット」でTBSの連ドラは初出演ということになります。

高橋一生

役:…家森諭高役(いえもりゆたか)役。
ビオラの楽器担当
役柄:理屈っぽい性格で自己のこだわり満載の変わった男を演じます。私は4人の中でも高橋さんの演技に注目しています。変わった男というミステリアスな設定がとても気になりますね。
最近の作品:最近ではドラマ「民王」、「僕のヤバイ妻」、「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」にも出演しています。
TBSドラマは2014年の『ペテロの葬列』以来の出演で、今年は映画「シン・ゴジラ」での好演も記憶に新しいです。

オファーをいただいたときは「やったー!」という思いでした。僕が演じる諭高という役は、一般的に言うといわゆる変わった男なのですが、彼の中にルールがあって、そのルールに沿っているだけ。「変人なんだ」というカテゴリーには飛ばないように演じようと思います。なによりせっかくこのような4人が集ったので、変に頭の中で役作りをせず、みなさんの出方や現場の雰囲気を見て役に入り込んでいければなと思います。
台本を読み、人間というのはかくも滑稽で、かくも愛しいんだなというのを非常に感じました。画面を通して、「人間ってとても愛すべき存在なんだ」とみなさんに思っていただけるとうれしいです。

備考:役柄にとらわれることなく、幅広い役を演じてきた高橋さん。昨年放送のドラマ『民王』(EX)での人気キャラクター・貝原茂平役を演じて以降、人気急上昇中の彼が、今作で新境地に挑むと思います。私は高橋さんを知ったのは「僕のヤバイ妻」のドラマです。隣人のとても難しい役の演技をされててとてもかっこよくて声が素敵な俳優さんだなぁと思っていました。カルテットではどんな味のある演技をされるか注目してます。

吉岡里帆


役:ライブレストランの従業員・来杉 有朱(きすぎ ありす)。役
役柄:元・地下アイドルで、魔性の雰囲気を帯びたレストラン従業員
代表作:『朝が来た』
最近の作品:『レディ・ダ・ヴィンチの診断』『死幣』
吉岡さんコメント:

「子どもの頃から、映画やドラマで見ていた大好きな先輩方と共演できることを心よりうれしく、誇らしく思います。脚本家の坂元裕二さんの作品は前のめりになりながら見ていました。夢の様なお仕事です。噛みしめて、春を迎えるまで軽井沢の寒空の下この作品と向き合っていこうと思います。」

備考:吉岡里帆さんが追加出演が決定しました。カルテットの4人が訪れるライブレストランの従業員役みたいですね。
4人とどう絡んでいくのかこちらも楽しみです。

富澤たけし(サンドウィッチマン)

役:谷村大二郎
役柄:?
代表作:『ごめんね青春!』
最近の作品:『勇者ヨシヒコと導かれし七人』
富澤さんコメント:—-
備考:M1で今までで一番面白かった芸人は?で1位なのがサンドウィッチマン。抜群の人気を誇ります。
富澤さんの独特な雰囲気、いい声が買われてだんだんドラマに起用される機会が増えている気がします。

八木亜希子(フリーアナ)

役:谷村多可見(たかみ)
役柄:?
代表作:『真田丸』
最近の作品:『昼のセント酒』『真田丸』
八木さんコメント:—-
備考:ご存知フリーアナの八木さん。2000年にフリーに転身後、翌年映画『みんなのいえ』(2001年)ではヒロイン役に抜擢され、日本アカデミー賞新人俳優賞をとったのが印象的。

Mummy-D

役:半田温志
役柄:?
代表作:『トランジットガールズ』
最近の作品:『トランジットガールズ』
Mummy-Dさんコメント:—-
備考:ヒップホップグループのRHYMESTERのMC。

巻 鏡子 (64)

役:もたいまさこ
役柄:?
代表作:『ト三丁目の夕日』
最近の作品:映画『ハローグッバイ』
もたいさんコメント:—-
備考:女優

菊池亜希子 (34)

役:九條結衣
役柄:主人公たちの同僚
代表作:『ファの豆腐』『恋空』
最近の作品:映画『グッドストライプ』『トットてれび』
菊池さんコメント:—-
備考:女優

追加キャストが発表され次第、また追記します。

スポンサードリンク

カルテットのキャストへの反応

「来年も楽しみ増えましたね〜」
「逃げ恥ロスになりそうだけど楽しみ」
「今から興奮ぎみです」
「いい冬になるな〜これは」
「嬉しい」
「大好きな松さんのドラマ久々に見れる」 「面白そう」
「楽しみ〜」
「火10というより金10な感じがする」
「楽しみ、楽しみ頑張って生きる、生られる〜」

出典:twitter

まとめ

キャストとして松たか子さん、満島ひかりさん、松田龍平さん、高橋一生さんの4人が偶然出会い、軽井沢で一冬の共同生活を送ります。
全員秘密を抱えながらも全員片思いという設定での展開がどう転ぶのが楽しみですね。

軽妙なやりとりでクスっと笑ったり予期せぬ展開にハラハラしたり、
人生の真実に触れてハッとするようなハートフルコメディーなので見ていて楽しめるようなドラマだと思います。
“甘くてほろ苦い大人のラブサスペンス”4人の演技が楽しみです。
現在人気のドラマ「逃げるは恥だが役にたつ」の土井裕泰チーフプロデューサーさんが手がける事もあり期待しています。

■関連記事

カルテット1話の感想ネタバレなしでまとめてみた「意外に笑いが散りばめられ伏線の嵐」「セリフも深い」

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
minogasiitiran

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA