No drama No life

menu

Dramatic Memo

陸王のロケ地と事前に知る方法!やっぱり気になるなら参加しに行くしかない!

[ PR ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

10月から新ドラマ「陸王」がTBSで放送されます。
池井戸潤さんの同名小説をドラマ化したもので、これまでも「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」など多くのヒット作を生み出してきた日曜TBSのドラマに、新たな池井戸作品が加わることになります。
すでに撮影は行われており、ロケ地や撮影風景を見てみたいという方も多いのではないでしょうか。
そこで新ドラマ「陸王」のロケ地を知る方法をご紹介します。

Sponsored Links

陸王のロケ地を探るカギは原作にあり

原作の「陸王」は時代のあおりを受けた足袋メーカーが、そのノウハウを生かしてランニングシューズを開発に乗り出し、奮闘していく物語です。
物語の舞台として登場する老舗の足袋製作会社「こはぜ屋」は、埼玉県の行田市にある会社という設定になっています。
原作ですでに舞台となる地名が出ているため、ドラマのロケ地も行田市なのではないかと予想されます。
(実際には、行田もそうですが、鴻巣・豊橋などいろいろな場所で撮影は行われています)

 

さらに確実にロケ地を知りたいという方は、撮影に参加してしまうという手もあります。
ドラマでは多くの場合、エキストラの募集を呼び掛けています。

http://www.tbs.co.jp/extra-boshu/
それは「陸王」も例外ではなく、エキストラとして参加することで撮影場所を事前に知ることができ、運が良ければキャストを間近で見ることもできます。
ただしエキストラとして撮影に参加する場合には写真撮影や情報の拡散など、撮影の妨げになるようなことは絶対にしてはいけません。
スタッフの指示をよく聞き、円滑な撮影を行なうために協力する姿勢が大切です。

エキストラとして撮影に参加したいという方は、撮影期間中であれば番組のホームページなどで随時募集をかけているのでこまめにチェックするようにしましょう。
応募者が多数になる場合は抽選が行われ、当選者に連絡がいくことになります。
場合によっては望ましい服装などが指定されていることもあるので、参加条件や撮影場所をよく確認してから自分に合ったものに応募するようにしましょう。
またエキストラはスケジュールによって長時間拘束されることもあるので、体調を崩さないように飲み物などは自分で用意していくようにしましょう。

Sponsored Links

ドラマ「陸王」のロケを目撃した方々の反応を紹介します。

「家の近所で陸王の撮影してる」
「遠目だったけど山崎賢人くん見えた」
「地元で陸王のロケやってるらしいので散歩してくる」
「陸王って行田が舞台の作品だったのね」
「地元の城の周りに撮影スタッフがいるんだけど、もしや陸王の撮影では?」
「陸王の撮影場所が少しずつ家に近づいてきてないか?すぐそこやん」
「撮影に参加してドラマの大変さがよくわかった」
「やばい!たぶん涼真くんっぽい人が私の家の近くで撮影してた」
「うちの親が行田で山崎賢人と竹内涼真を見たらしい」
「初めて涼真くんを生で見てヤバいことになってる」

出典:https://goo.gl/5MCVPp

まとめ

ドラマ「陸王」は役所広司さんが主演で、山崎賢人さんや竹内涼真さん、風間俊介さんなど、今をときめく豪華俳優が多数出演しています。
TBSの日曜劇場の枠ということもあり注目度は高く、とくにロケ地となっている埼玉県行田市は撮影が行われるたびに、にわかに沸き立っているようです。
地方都市の小さな会社が、ランニングシューズで世界と戦っていくというこれぞ池井戸作品と言えるような物語が、俳優陣の演技でどのようなドラマに仕上がるのか、今から楽しみでなりません。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ