No drama No life

menu

Dramatic Memo

監獄のお姫様の視聴率推移どうなる?過去ドラマと比較してみてみよう!

[ PR ]

秋から始まる新ドラマ「監獄のお姫さま」の視聴率推移について比較しながらまとめていきます!

宮藤官九郎さんが脚本を担当することに加え、豪華キャスト陣が発表され、放送前から話題のドラマとなっています。
女子刑務所を舞台に、服役している個性的な女性たちを描いた本作は、その話題性から早くも視聴率を気にする声も出始めています。
そこで以前に放送されたドラマや主演の小泉今日子さんの過去の出演作の視聴率と推移を比較して紹介していきます。

スポンサードリンク

監獄のお姫様の視聴率推移 過去ドラマと比較!

昨今のドラマにおいては当初は視聴率がふるわないものの、回が進むごとに口コミなどで話題が広がっていく現象も多く見られます。
SNSなどが浸透し、話題になっていることをリアルタイムで知ることができたり、ドラマを見ながら感想を投稿するという楽しみ方が広まりつつあります。
話題性が引き金となってある種お祭りのような盛り上がりを見せることもあり、SNSの盛り上がりはドラマの評価を知るうえでの重要な指標といえます。
またドラマ視聴者は昔も今も女性が多く、女性の視聴者をどれだけ取り込めるかも視聴率を左右する重要なポイントになりそうです。

新ドラマ「監獄のお姫さま」の視聴率はまだ出ていないため、過去のドラマの視聴率の推移を比較してみました。


火曜10時のドラマ枠は「逃げ恥」以来、視聴率も比較的好調で話題のドラマが多く放送されていることから視聴習慣がついている枠とも言えそうです。
また主演の小泉今日子さんも人気作品に多く出演しているため視聴率の面でも期待が持てそうです。

脚本次第だけど多分視聴率はよくなると思う!11%超えたらとりあえず◎という感じでは

スポンサードリンク

比較過去ドラマを振り返る

過去のドラマがどのような内容なのか、簡単に振り返ってみたいと思います。

「カンナさーん!」

どんな困難にもパワフルに立ち向かう主婦「鈴木カンナ」を描いたドラマで、漫画原作の作品です
夫や子どもとともに幸せな家庭を築いているように見えるカンナでしたが、第一話で夫の浮気が発覚するなど、カンナの前にはさまざまな困難が立ちはだかります。
それでも持ち前の前向きな性格で逆境にめげることなく前へと進んでいきます。
女芸人の渡辺直美さんが主演を務めたことでも話題になりました。

「プリズン・ガール」

2006年に単発ドラマとして放送された作品で、ニューヨークへ留学していた女性が麻薬取引の共謀の罪に問われ、刑務所に入れられるという実際の話しをもとに製作されたドラマです。
突然、異国の地で逮捕されてしまった主人公はアメリカの刑務所に収監されているさまざまな受刑者と出会い、文化や人種の違いなどに直面しながら自分自身を見つめなおしていくことになります。

「続・最後から二番目の恋」

小泉今日子、中井貴一が主演で2012年に放送されたドラマ「最後から二番目の恋」の続編となった作品です。
中年の独身男女ふたりによるコメディ要素を多く含んだドラマになっており、恋愛ドラマというよりも個々の人間性にフォーカスを当てたホームドラマのようなほのぼのとした仕上がりになっています。
個性的な登場人物も多く登場し、主演ふたりの掛け合いも見どころです。

続恋は最高でした^^キャストの皆さん、演じてるというより「素」でやってない!?って思ってた

「逃げるは恥だが役に立つ」

同枠火9TBSの2010年以降の最高視聴率です。
新垣結衣、星野源が主演の恋愛コメディドラマで、派遣切りで無職になってしまった主人公「森山みくり」が、システムエンジニアで独身の「津崎平匡」の家事代行サービスを請け負うことから物語は始まります。
みくりの仕事ぶりを気に入る平匡ですが、家庭の事情からみくりが家事代行を続けることが難しくなってしまいます。
みくりにとっても出来ることなら続けたい家事代行の仕事、そこで2人が出した結論は、雇用主と従業員という形で結婚をする「契約結婚」という方式でした。
星野源さんが歌う主題歌「恋」も話題となり、恋ダンスが日本中でブームとなりました。

「結婚式の前日に」

同枠火9TBSの最低視聴率となります。
香里奈主演のヒューマンドラマで不動産会社に勤務し彼氏との婚約をしている主人公は、100日後に結婚式を控えていました。
しかしそんなある日、脳腫瘍があることが発覚し、このままでは命の危険があると診断されてしまいます。
そんな主人公の前に長い間姿をくらましていた型破りな母親が現れ、反発しながらも影響されていく主人公は明るく前向きな母の姿に自分の命や家族との向き合い方を変えていきます。

スポンサードリンク

プリプリの放送前の期待の感想まとめ

新ドラマ「監獄のお姫さま」の放送前のネットの感想について紹介していきます。

10月からクドカン脚本のドラマ始まる〜!おばちゃん犯罪エンターテイメントって、どんなドラマだ??

芝田 美佳さんの投稿 2017年8月16日

https://twitter.com/kyon_m0529/status/897409092825661440

まとめ

ドラマ「監獄のお姫さま」は放送前から話題沸騰と言えるドラマです。
脚本の工藤官九郎をはじめ小泉今日子や満島ひかり、伊勢谷友介に夏帆など、脇を固める出演陣も高い演技力を持ったそうそうたるキャストがそろっています。
放送枠的にも、話題性を見ても前評判だけをみれば最も期待値の高いドラマと言えそうです。
これ以上ないようなスタッフ、キャストでお送りするドラマ「監獄のお姫さま」は高視聴率を叩き出してもなんら不思議ではないドラマです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ