No drama No life

menu

Dramatic Memo

監獄のお姫さまはおばさんじゃない!議論勃発「菅野美穂も夏帆もおばさんじゃないもの」「おばさんに比べてかなりおねえさん寄り」

[ PR ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

秋のTBSの新ドラマおばさん犯罪エンターテインメント「監獄のお姫様」って出演者の中に菅野美穂や夏帆もいるけど、おばさんなの?

「監獄のお姫さま」たちはおばさんじゃない!のか?議論勃発の反応をまとめました。

あら!失礼じゃない。みんなお姉さまでしょ!

Sponsored Links

監獄のお姫さま「おばさんじゃない!」議論勃発

TBSでは、秋ドラマ「監獄のお姫様」を番組ホームページなどで“おばさん犯罪エンターテインメント”と紹介していますが、

出演している小泉今日子、坂井真紀、森下愛子までは、おばさんと呼ぶのはいいけれど、菅野美穂、夏帆はおばさんじゃないでしょう。という意見や5人全員おばさんじゃないでしょうという意見まで噴出してネットは議論勃発です。

集約すると「キャストがちょっと我々一般のおばさんに比べてかなりおねえさん寄りだけど」や「おばさん犯罪エンターテイメントにものすごく興味をそそられている。」との投稿に代表されるクドカン流の新感覚ドラマに期待を感じてしまっているのかも知れませんね。

女性陣の年齢と平均年齢は?

出演している女優陣の年齢と役柄は、

小泉今日子は1966年2月生まれの51歳。演じている馬場カヨは元銀行員のキャリアウーマンで、会社の同僚だった夫と結婚し15年目、一人息子がいる。浮気した夫を発作的に刺し、傷害罪で服役していた。

坂井真紀は、1970年5月生まれの47歳。演じている大門洋子は女優だったが若手俳優を追いかけてお金に困り横領やサギに手を染めて服役していた。

森下愛子は、1958年4月生まれの59歳。演じている足立明美は暴力団組長の妻。夫の代わりに罪を被って出頭。違法薬物不法所持で服役していた。

菅野美穂は、1977年8月生まれの40歳。演じている勝田千夏は財テクで有名なカリスマ経済アナリスト。脱税とインサイダー取引で実刑判決を受け服役していた。

夏帆は1991年6月生まれの26歳。演じている江戸川しのぶは江戸川乳業の社長令嬢で副社長板橋吾郎に交際を申し込まれて婚前旅行をするほどの仲だったが、旅行先で吾郎の元恋人を殺した罪で12年の刑を受け服役中。

満島ひかりは、1985年11月生まれの31歳。演じている若井ふたばはカヨたちが服役していた刑務所の鬼刑務官。

5人の囚人の平均年齢は、44.6歳。立派なおばさん集団じゃないでしょうか。それに刑務官でカヨたちの復讐に協力する満島ひかりを加えても平均年齢は42.3歳。クドカンがおばさんと呼ぶのも無理はないかと思うのですが。

ほーら おばさんは一人もいなかったでしょ! ん??
夏帆をおばさんと呼ぶのは可哀そうですかねぇ。ちなみに、宮藤官九郎自身は、1970年7月生まれの47歳。自分もおじさんやねん!

Sponsored Links

ネットの反応

Yahoo!リアルタイム検索で「監獄のお姫様」のツイッター投稿などをピックアップしました。

「菅野美穂も夏帆もおばさんじゃないもの」

「おばさんたちといって並ぶのが小泉今日子に菅野美穂なのか」

「小泉今日子らベテラン女優が織りなすおばさん犯罪エンターテインメントだって」

「楽しみにしているのに紹介番組でおばさんおばさんって言ってて楽しくない?」

「キャストがちょっと我々一般のおばさんに比べてかなりおねえさん寄りだけど」

「おばさん犯罪エンターテイメントにものすごく興味をそそられている。」

「監獄のお姫様はキャストが豪華だなあ」

「満島ひかりが毒舌刑務官役って時点で絶対にやにやしちゃうの確実だ」

「監獄のお姫様は伊勢谷さんがお姫様なの?」

「監獄のお姫様楽しみクドカンだし面白そう」

出典:Twitter

いったいおばさんの定義は何?(まとめ)

昔、馴染みの飲み屋の女将さん(推定80歳)に客がみんな「お姉さんに」と呼んでいるのを聞いて「おばあさんでしょう」と言ったら出入り禁止になったことがありましたが、

そのくらい女性の呼称には気をつけなければいけないのに、クドカンはなんの恐れもなく“おばさん犯罪エンターテインメント”という呼び名をドラマに付けてしまいました。

番宣番組を見ていると、女優陣同士で線を引いて誰までがおばさんかというボーダーを決めようとしていたシーンがあってみんなけっこう楽しんでいるようにも見えました。

それを見て、「おばさん」の定義は自分の年齢を楽しめる素敵な女性。つまり実年齢より自分は若いと思える前向きな人を”おばさん”と親しみを込めて呼ぶのかな?と感じたのです。

それは、その番宣番組の「おばさん」の話題で一番はしゃいで楽しんでいたのが森下愛子59歳だからです。当時多くの女優や歌手と浮名を流し絶頂期だった吉田拓郎と結婚して30年以上も経つけれど夫婦の仲はとても良く睦まじいのは愛子さんの人柄と可愛らしさが理由なのかも知れません。

■関連記事
監獄のお姫さま見逃したら動画配信はどこがよい?ついで見でクドカン作品見放題がこんなにある!

監獄のお姫様の視聴率推移どうなる?過去ドラマと比較してみてみよう!

監獄のお姫さま子役の前田虎徹の読み方と評判は?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ