2016
05.31

N31の意味は永遠に訪れることのない日とある形のこと!

2016年4-6期, 僕のヤバイ妻

僕のヤバイ妻のN31の意味が明らかになりつつあります。
バーのマスターである木暮(佐々木蔵之介)がかつて真理亜の家庭教師で
秘密の仲にあったが、両親に会わないことを誓約させられたのであった。

そして、その木暮が今のバーの前身のワインバーが「Nobember31」という名前だったのだ。
これは詩的でわたしはしびれました(笑

*最終回後のN31の全貌は1番下に書きました

スポンサードリンク


N31の意味は決して訪れることのない日

この記事は7話放送前に書いています。

家庭教師時代から、恋愛関係にあった木暮と真理亜はその後も密かに関係を続けていました。
しかし、真理亜の厳しい両親の問題で、二人は永遠に一緒になることが出来ない関係だということを悟り
誰にもさとられない間柄として関係を続けることを約束したと予想出来ます。

そして、木暮は最初のお店になんともセンスが良すぎる名前「Norbember31」をつけました。

11月31日は存在しません。11月は30日までです。
ですので、端的に言ってしまえば
「永遠に訪れることのない日」という意味ととらえられます。

センスが良すぎて、やっぱりこのドラマ最高です。

普通に考えたら、両親がなくなった時点で
幸平と別れて、木暮とくっつけばいい、と一般的には思うかもしれません。

しかし、今までの真理亜の言動を見ても、明らかに真理亜は幸平に一途であろうとしていました。

つまり、木暮と真理亜は、2人の関係は両親に認められず
世間に認められないままでいい、恋愛は秘密であるべきだ、一生来ないN31でいいと
認め、そうやって生きていくことを決めていたのでしょう。

だからこそ真理亜は木暮に「N31に誓って」と誓い
幸平との関係を世間的に完璧なものにしようとしたのではないでしょうか。

つまりN31とは、真理亜と木暮にとっての完璧で理想的な愛の形
=世間に認められない、2人だけで一生秘密を貫き続ける形

であると言えるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


現在のバーの名前:QUIET WOMAN

現在の木暮のバーの名前は『QUIET WOMAN』です。

静かな、穏やかな、女性。最初は沈黙の女性とも思いましたが、多分どちらの意味もあると思います。

「穏やかな暮らしをしながら、沈黙を守り続ける女性」

沈黙とは、N31・木暮との理想の愛の形のことです。
恐らくこれらは最終回に分かると思います。
つたない、独女OLの予想ですが、これはきっと当たっているに違いない、とちょっと自信持ってます(笑

ちなみにQUIET WOMANは渋谷にあるそうです。

「N31」と「QUIET WOMAN」についてこのように解釈すると
わたしとしては完全に今までの流れが腑に落ちる形となるのですよね..。

どうでしょうか?わたしの推理当たっているか?
こうやって予想すると最終回が楽しみでなりません(笑

<最終回後のN31…>

外しました…悔しい。

N31の全貌は以下のとおり。
・木暮の前の店の名前
・11月31日になる前、11月30日の日付が変わる瞬間に木暮と元奥さんがポロポーズしたからその名前
・真理亜は木暮と恋人ではなく、木暮と元奥さんの関係に強くあこがれていただけで、幸平ともそういう関係を築こうとしていた
・そして、そのN31が閉店する最後のお客さんが真理亜と幸平で、そこであのワインを飲んだのであった
・なので幸平はN31の手紙で真理亜のメッセージに気づくべきであった

・しかし、最後の最後でで誘拐保険の番号がN31であることに気づく
・誘拐保険の受取人は幸平。その額を受け取るには、幸平と婚姻関係になくてはならない
・幸平はもしかして…今までの全ての狂言はこれのため??と勘ぐる

以上です!

❏関連記事

僕のヤバイ妻最終回の感想をまとめてみた!ヤフーより直後に絶賛!

僕のヤバイ妻8話のあらすじを完璧に当ててみせる記事(笑)この状況を真理亜は乗りきれる?

僕のヤバい麦ドラマの酷似原作の結末について!最終回がこうなったらファンは怒るだろう

僕のヤバイ妻はなぜ漢字が麦に変換されるのか?実はあのドラマを原因とする対策だった!?

僕ヤバのN31の意味は出産予定日が11月31日という意味!?真理亜は妊娠していた?

僕のヤバい麦4話!緒方をあやめた犯人は誰か?予想してみた結果

僕のヤバイ妻のヤフー感想がやばいくらいゴーン・ガールと酷似批判!「DVD見たほうがいい」「木村佳乃はいい」

僕のヤバイ妻の視聴率比較表を作ってみた!あの過去作と並べてみてみると…!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA