2016
12.12

IQ246~華麗なる事件簿~5話に出演した成宮寛貴さんの役柄に注目!今後の影響は?

2016年10-12月期, IQ246~華麗なる事件簿~

先日、引退宣言を出された成宮寛貴さん。とても好きな俳優さんだっただけに、残念ですが、彼の声明を見ると、もう気持ちが変わることはないんだろうな、と思ってしまいます。IQ246 ~華麗なる事件簿~に出演されたときの役を改めて見直してみるとともに、今後の影響について考えてみました。
スポンサードリンク


IQ246~華麗なる事件簿~に出演されたときの成宮寛貴さんの役について

11月13日に放送された第5話での成宮さんの役は新進気鋭のアーティスト・千代能光一でした。ARなどをとりいれた現代アートのユニット「バナナ&チョコ」を結成して、オリンピックの開会式の演出候補にも名前が載っている、という設定でした。

ユニットの相棒・番田(矢本悠馬)が自分を裏切ろうとしていると思い込んだ千代能が番田のアレルギー体質を利用して、事故に見せかけてサツ害するというストーリーでした。

結局、番田は千代能を裏切ろうとしていたわけではなく、今後も一緒にやっていくつもりだったとわかり、「友達を信じられなかったのはあなたです」と沙羅駆(織田裕二)に言われ、千代能は激しく後悔する、というエンディングでした。

もちろん、マリア=Tにそそのかされての犯行なのですが…

ネット上では、「ドラマでは友達を裏切り、現実では友達に裏切られた」と言っている人もいるようです。

この回が成宮さんのドラマ出演・放送最後のものになってしまうとのこと。すごく魅力的に演じていらしただけに、本当に残念です。

成宮寛貴さん引退についてのIQ246~華麗なる事件簿~への影響

成宮寛貴さんは、1月から放送になる「就活家族 ~きっと、うまくいく~」に出演が決まり、すでに撮影も進んでいたようです。この代役は渡辺大さんが勤めることになり、成宮さんの撮影分を撮り直しになるとか。

IQ246~華麗なる事件簿~の方はすでに放送済みなので、問題は無いように思いますが、ひょっとしたら、DVD・Blu-rayディスクの発売が中止になってしまうかもしれません。再放送なども、なくなってしまうかも。IQ246~華麗なる事件簿~の場合、1話完結なので、5話だけ再放送なし、という事もあるのかもしれません。

スポンサードリンク


IQ246に出演された成宮さんの引退についてのネットでの反応

Twitterでのつぶやきを見てみると、成宮さんの引退を残念に思う人の感想がありました。

成宮寛貴さんというと、私はブラッディマンディのテロリストJの印象が強くて、37.5℃の涙の朝比奈さんとか怪盗 山猫の勝村さん(初期のころ)とかの「いい人」役の成宮さんよりも「頭のいい悪い人」役の成宮さんが好きでした。見ていてほっとする顔立ちなのに、すごく悪い人で、そのギャップにゾクゾクしていました。だから、IQ246~華麗なる事件簿~の千代能さん役もすごくすごく好きだったのに、あれが最後になってしまうなんて、すごく残念です。
また、テレビで映画で成宮さんの姿を見たいな、と思っています。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA