No drama No life

menu

Dramatic Memo

ハロー張りネズミで電子タバコになぜなってるの?反応まとめ

7月14日に放送されたドラマ「ハロー張りネズミ」で、主人公の七瀬五郎がカッコ良く吸っていた電子タバコのことがネット上で話題になっています。

電子タバコ七瀬が吸うとカッコ良かった! あれ?七瀬って原作ではどんなタバコだった? なぜ電子タバコなの?と大盛り上がりなのです。

そこで、ドラマ「ハロー張りネズミ」に出てくる七瀬のタバコがなぜ電子タバコになっているのか?その反応をまとめてみました。

スポンサードリンク

ハロー張りネズミドラマ版で電子タバコが話題に

第1話では娘を亡くした川田という男が娘にそっくりな女の子を探して欲しいと「あかつか探偵事務所」に頼みに来たのですが、川田が帰った後、風かおる所長と七瀬五郎それに小暮久作の3人は川田の依頼を引き受けるかどうかで話をしています。

その時に、七瀬は事務所のソファーに座って電子タバコを吸い始めたのです。カッコよくくゆらせながら、大きく煙(電子タバコだから水蒸気だが)を吐きます。

その姿を見て、風所長は「探偵のやる仕事じゃないわね」と一言。

しかし、結局川田に泣かれて七瀬は代役の娘を探すのを引き受けることになるのですが、やっと見つけた川田の娘にそっくりな遥という女の子は親に虐待された経験があって引き受けてくれません。

そんな折、川田の妻が危篤状態になって、連絡を受けた七瀬はもう一度、遥に頼もうとして全速力で走り遥のいる児童養護施設「あかつき園」に向かいますが、その途中、東武東上線のガードを潜ったところで息が続かなくなって、そこで「もうタバコやめよーかな」という台詞をハクのです。

で、サイトでは電子タバコなのになぜ?と言う疑問の書き込みが殺到したのです。

ハロー張りネズミ原作はどんなタバコ

七瀬は、原作漫画「ハロー張りネズミ」の中で、時々タバコを吸うシーンがあります。路上で張り込みをしている場面では、フィルターが残った吸い殻が足下にたくさん落ちている絵もありますし、食事の後にもタバコを吸う場面ではテーブルの上に灰皿も置かれているのです。

そんなところから、原作漫画では普通のフィルターの付いたタバコを吸っていたようです。しかし、銘柄までは判りませんでした。

スポンサードリンク

電子タバコ使用の反応まとめ

ヤフー!やツイッターで気になった感想をピックアップしてみたので見てみましょう。

「劇中で吸っていた電子タバコ、なんてやつかな~!あれカッコ良かった」

「瑛太 もうタバコやめよーかな… って、電子タバコだよね どういうこと?」

「テレビドラマの中で電子タバコ出てくるのはじめて見たかも。」

「往年の探偵モノの必須アイテムだったタバコも電子タバコになる時代かぁ~」

「瑛太の吸ってる電子タバコかっけーなーどこのかなー。」

「うちの会社の電子タバコを瑛太さんに使って頂きました!」

「おもしろかったし食わず嫌いだった電子タバコに変えてみようかとも思った」

「ゴローが吸ってた電子タバコ(のようなもの?)がめっちゃ気になる。」

「タバコ止めようかなって電子タバコじゃねーか!」

「電子タバコだのなんだの最近感あるのにどことなく古臭さがあるの掴まれるな」]

まとめ・感想

なぜ電子タバコなのかは七瀬に訊いてみなければ解りませんが、大根監督の意図は、昭和の雰囲気が漂うこのドラマに新しい時代のアイテムを使うことで、新鮮味を出したかったんじゃないですか。

更に言うならば、世の中はいま東京オリンピックを3年後に控え、分煙から全面禁煙への風潮が高まっているので、それに乗って話題作りをしたかったという感じですかね。

しかし、その意図は予想以上に当たった様です。

■関連記事

ハロー張りネズミ見逃した!動画配信はここがイケてるよ!ケース別で紹介

ハロー張りネズミの蘭子の正体とは?ネタバレ注意の秘密とは2

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ