No drama No life

menu

Dramatic Memo

ブラックリベンジ鈴木砂羽さんの土下座スキャンダルどうなった?反応まとめ

[ PR ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

ドラマ「ブラックリベンジ」の出演者にあの土下座スキャンダルで騒がれた鈴木砂羽が登場することになりました。ネットでは、「土下座シーンきっとあるよ」とか「砂羽の心は炎上しました!」などの投稿が相次いでいます。

「ブラックリベンジ」出演で鈴木砂羽さんの土下座スキャンダルどうなったのかの反応をまとめました。

Sponsored Links

ブラックリベンジにスキャンダルのあった鈴木砂羽

ドラマ「ブラックリベンジ」に主人公今宮沙織(木村多江)のカウンセラー役糸賀朱里役で出演する鈴木沙織ですが、沙織の良き相談相手でありながら復讐を過度に煽っている役柄のようです。

騒動は、鈴木砂羽が初めて舞台演出をする「結婚の条件」の開演が2日後に迫った通し稽古の最中に起こりました。

詳しい事実関係はまだ明らかにされていませんが、鈴木砂羽が、劇団クロックガールズの主催者で脚本家江頭美智留のスケジュール調整が上手く出来なかったことに腹を立て、稽古が思うようにできなかったと言って江頭美智留と2人の女優を罵倒し、土下座しての謝罪を求めたとされているのです。

その結果、土下座を強要されたとする女優の鳳恵弥と牧野美千子が舞台を降板することになり、一時2人の所属する事務所は鈴木砂羽に対し告訴も検討したようですが、

この話題がテレビや週刊誌で取り上げられ芸能界のあちこちから意見が沸き起こり大騒動に発展したため訴訟には至らず、今は2人の女優側も土下座スキャンダルの終結宣言をしたようです。

鈴木砂羽さんとは

鈴木砂羽さんは、文学座の研究生として演劇界に入ったのですが、1994年に主演した映画「愛の新世界」で日本映画史上初のヘアヌードシーンを演じ、ブルーリボン新人賞やキネマ旬報新人賞などを受賞して一躍注目を浴びた女優です。

その後、数多くのテレビドラマや映画に出演していましたが、2000年からドラマ「相棒」で刑事亀山薫(寺脇康文)の妻で事件にもたびたび関わるフリージャーナリスト亀山美和子役でサバサバした演技で「相棒」ファンを魅了し、ブレイクしました。

ネットの評判では、「酒を飲むと相手に一気飲みを強要し、説教を始めるらしい」という投稿が圧倒的なのですがすべて未確認情報です。

Sponsored Links

<ネットの反応まとめ/h3>

Yahoo!リアルタイム検索で鈴木砂羽さんのツイッター投稿などをピックアップしてみました。

「ねつ造だと知った時、砂羽の心は炎上しましたとかセリフあるね」

「鈴木砂羽が土下座するシーンきっとあるよ」

「絡み酒でやりたい放題の鈴木砂羽を黙らせたい」

「鈴木砂羽がお酒のイッキを強要か 合わない人間には延々と説教?」

「鈴木砂羽しばらく出ないのかなと思ってたらすぐきたー」

「お酒一気飲み強要疑惑。是非はともかく、イメージ通りなんだが」

「慕われてもないのに姉御肌きどる女ってどうにかならんのか?」

「鈴木砂羽パワハラ騒動、テレビの異常な鈴木擁護一色…囁かれる」

「人としてどうかってことだけどねぇ」

「土下座を大勢の人の前で強要するとかありえんだろ。どんだけ偉いと思ってのか。」

「土下座強要ってそれ復讐ドラマのための役作りじゃなかったの?」

出典:twitter

感想・まとめ

イメージ的には、「相棒」のフリージャーナリストの役柄が鈴木砂羽さんにぴったりで、今回の「ブラックリベンジ」でも週刊誌の記者役の方が適役ではないかと思うのですが、

もしかすると、カウンセラー糸賀朱里という役柄は、何か隠された謎を秘めていて、ドラマのカギとなる人物なのかも知れません。そんな期待をさせてくれます。

それにしても、鈴木砂羽さんの土下座強要事件は、ドラマ「ブラックリベンジ」のスタッフにとっては絶妙のタイミングで起こった美味しいスキャンダルだったに違いありません。

番宣なしにこれだけの話題がとれる出演者はそうはいませんからね。

■関連記事

ブラックリベンジ見逃したら動画配信はどこ?尋常じゃない木村多江に衝撃!

ブラックリベンジで芹那が復讐ターゲットで心配「イメージぴったりってことか」「使えるキャラだった!」

ブラックリベンジの木村多江が怖すぎるとネットが騒然

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ