No drama No life

menu

Dramatic Memo

ブラックリベンジが元週刊文春エース中村竜太郎監修で本気すぎる!反応まとめ

[ PR ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

ドラマ「ブラックリベンジ」監修に元週刊文春記者中村竜太郎氏が起用されるようです。有名人のスキャンダルを次々とスクープしてきた剛腕記者がこのドラマの制作に関わることが今、話題になっています。

「ブラックリベンジ」が元週刊文春エース中村竜太郎監修で本気すぎるとの反応をまとめました。

Sponsored Links

ブラックリベンジを元週刊文春エース中村竜太郎監修

ASKA逮捕の記事執筆など週刊文春を舞台にエース記者として活躍してきた中村竜太郎氏が、ドラマ「ブラックリベンジ」で監修を務めることになって、

ネットでは「週刊誌のスクープの裏側を明かして欲しいです。中村さん!」とか「ここで竜太郎の登場は面白い!」「本気すぎる」という投稿が増えドラマへの期待度が上がって来ています。

ドラマ「ブラックリベンジ」は、有望な若手政治家だった夫をねつ造されたスキャンダルのスクープ記事がきっかけで失った妻の復讐の物語です。

元週刊文春記者の中村竜太郎氏の監修起用は、実際にスクープ記事作成に携わった人間にしか分からない週刊誌の裏側の世界をドラマの中で垣間見させてくれると期待させます。

元週刊文春エース中村竜太郎とは?

中村竜太郎氏は、アパレルメーカーや女性誌の記者を経験して、文芸春秋の「週刊文春」で約20年間エース記者として様々な分野の特集記事を担当してきた人物で、フリーとなった現在でも「週刊文春」や月刊誌「文芸春秋」で活躍中のライターです。

中村竜太郎氏の書いたスクープ記事には、ジャニーズネタやASKA逮捕など芸能関係の記事もあれば、横領事件などの社会問題を扱ったスクープ記事もありました。

また、それらの記事が評価されて「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を3回受賞するなど、功績が認められてきました。

そして「文春砲」というネーミングは中村竜太郎氏の記事が生み出した「週刊文春」の俗称として使われています。

Sponsored Links

中村竜太郎 反応まとめ

Yahoo!リアルタイム検索等でツイッター投稿などをピックアップしました。

「中村竜太郎が監修するブラックリベンジですが、誰がなんと言おうとフィクションですよね?」
「週刊誌のスクープの裏側を明かして欲しいですよ中村さん!」
「マスコミが巨大化に伴い組織として腐敗してゆく中、ここで竜太郎の登場は面白い!」
「中村竜太郎さんのドラマ監修で期待される事は非常に多いと思います」
「中村さんの監修でドラマの中でスクープが…という期待を持つ 本気すぎるぜ」
「中村さんの素晴らしい人間性でスクープする醍醐味を伝えて欲しい」
「竜太郎さん!週刊誌記者の存在がジャーナリズムを支えていると感じるドラマにしてね」
「週刊誌記者はスクープを追う犬だ…そしてこんなに面白い仕事はない。頂きました!」
「牙をむいて吠えときには石もて追われ悲鳴をあげる。竜太郎さんの決めゼリフ使って!」
「権力者の不正をかぎ分けスキャンダルを暴く竜太郎さん監修のドラマ楽しみです 」
「弱小な週刊誌記者が大メディアを如何に出し抜くか ってドラマそのものじゃない!?」

出典:twitter Amazonカスタマービュー

感想・まとめ

さて、その元週刊文春記者中村竜太郎氏が監修するのは本当にフィクションのドラマのストーリーだけなのでしょうか?

いわゆるドラマの内容の専門家としての監修なら他にも候補者はいたはずです。

敢えて、元週刊文春記者中村竜太郎氏を起用した理由は、様々な分野の取材を通して獲得した情報にあるのではないでしょうか?

きっとプロヂューサーが期待したのはその生の情報だと思います。

■関連記事

ブラックリベンジ見逃したら動画配信はどこ?尋常じゃない木村多江に衝撃!

ブラックリベンジで芹那が復讐ターゲットで心配「イメージぴったりってことか」「使えるキャラだった!」

ブラックリベンジの木村多江が怖すぎるとネットが騒然

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ PR ]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

       管理人

今期注目のドラマ