2017
02.27

貴族探偵の原作の感想をまとめてみた!これを相葉ちゃんがやるのね!

2017年4-6月期, 貴族探偵

2017年4月からの月9枠のドラマ「貴族探偵」。その原作についての感想をまとめてみました!相葉ちゃんがこれをやるのか~と思いながら、お読みください。

スポンサードリンク

4月からのドラマ「貴族探偵」の原作の感想をまとめてみた

2017年の4月からフジテレビ系にて放送予定のドラマ「貴族探偵」。今年30周年を迎える月9枠としてミステリーを放送するのは4年ぶりで、記念すべき5作品目です。月9枠のミステリードラマはいずれの作品もヒットを飛ばしてきました。そんな期待高まる貴族探偵ですが、原作はベストセラーにもなった麻耶雄嵩さんによる本格推理小説です。

ドラマ「貴族探偵」とは?

「主人公本人ではなく、周りの登場人物が推理する」という前代未聞のミステリードラマです。
主人公は自らを貴族と名乗り、推理を趣味とする変わった青年で、主演を務めるのは人気アイドルグループ嵐の相葉雅紀。他にも武井咲、生瀬勝久、井川遥、遠藤憲一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵などといった豪華俳優人が出演を決定しています。大胆なトリックから華麗な謎解きまで、一話完結を基本に、原作展開にオリジナル要素を加えたドラマです。

「貴族探偵」の原作は?

2010年に集英社から出版された「貴族探偵」と「貴族探偵VS女探偵」が原作になります。
「貴族探偵」は本格ミステリベスト10で、2014年度1位の座に選ばれました。
綿密な構成やアッと驚くトリックに加え、今までにない斬新で強烈なキャラクターが人気です。

貴族探偵 原作の感想

ポジティブな感想
「とにかく面白かった。不思議な世界観に引き込まれた頃には、読んでいる自分が貴族探偵の虜になっている。魅力あふれるキャラクターが多く、脇役まで気に入ってしまう」
「ミステリだけしゃなく、「なんで私のような高貴な者が推理なんて煩わしいことをしなくてはならないのだ?」などの迷言を吐くような貴族…かどうかも分からない男の存在意義が気になる」
「すべての短編に見逃せない“捻り”や趣向が加えられてあって、パズラー好きには堪りません」
「設定そのものが非常にユーモラス。ちょっとしたギャグ描写も全体に無駄がないから余計に引き立っていて面白い」
「読み終わったあと、あまりの凄さに放心状態となった。特に短編の一つこうもりという話は歴史に残るといっても過言じゃないと思う」
「主人公が探偵なのに自分では何もしないなんて、本当に奇抜な発想で面白い」

ネガティブな感想
「物語が少しご都合主義に感じるところがある」
「ミステリのお約束ごとをわざわざ引っくり返すところが面白いけれど、前提をよく知らないと何が面白いのか分からないと思う」
「主人公のキャラクターは面白いけれど、解決する場面に見せ場の一つくらいほしい」
「設定は面白いけれど、真相は強引だと思う」
「期待していたより推理が浅かった」
「推理部分もちゃんと練られていたと思うけれど、場面のイメージが上手くできずに楽しみきれなかった」
「設定の奇抜さが先行しすぎていて、推理が強引だった」

出典:Amazon

スポンサードリンク

ネットの感想など

貴族探偵の原作について、また相葉さんについての感想をTwitterからひろってみました。

「貴族探偵の原作が欲しくて近くの本屋に行ったがおいてなかった!」
「使用人のキャラが原作では没個性的にかかれているので、大物キャスト使うのは逆効果」
「相葉ちゃんのドラマの原作完読!ドラマ面白そう」
「貴族探偵の原作読んだけど、月9に合うのかな?」
「貴族探偵、原作だと髭はえてるな」
「嵐にしやがれの相葉ちゃんの髪型、貴族探偵仕様なのかな」
「原作はよいので、ちゃんとドラマ化してほしい」
「貴族探偵、原作が麻耶さんだから見るつもりだけど、読んだかどうか思い出せない」
「原作、結構本格的な推理ものときいて、ニノ、おーちゃん、松潤当たりの方が似合ってた気がするw」

原作は面白かったので、ぜひ、原作を読んでドラマも楽しんでほしいですね。

「貴族探偵」はその主人公のように、一風変わった作品のようです。原作の感想はネガティブなものであっても、そのキャラクターや設定は面白いと褒めていました。
主人公が貴族で探偵というだけで面白いのに、その主人公が推理をしないなんて、どんなドラマになるのかとても楽しみです。そんなエキセントリックな主人公ですが、相葉雅紀さんが演じるということでさらに期待が高まります。個性的なキャラクターに本格的なミステリーとなれば、幅広い年齢層に受けること間違いないでしょう。月曜9時は、家族で「貴族探偵」を見るなんていうのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA