2016
10.25

砂の塔の犯人は和樹説が有力?その3つの理由

2016年10-12月期, 砂の塔~知りすぎた隣人

砂の塔の犯人は2人いるのではないか。
佐々木弓子(松島奈々子)の共犯者は誰なのか?
ネット上では長男の高野和樹(佐野勇斗)が共犯者ではないかという話がチラホラでています。

スポンサードリンク

砂の塔の犯人は和樹説が有力?

まずは簡単に今までの事件を整理してみましょう。

都内で3人の幼児が次々と失踪するという幼児連続失踪事件が起きました。通称「ハーメルン事件」です。
失踪現場にはいつも一輪の黄色いカーネーションが残されていました。
3人目の幼児が失踪した現場は、和樹たち一家が引っ越してきたタワーマンションの近くでした。

次に、犯人は和樹説が有力になった理由を3つ挙げてみました。

1、兄の和樹と妹のそら(稲垣 来泉)との年の差がありすぎる。

高校生の和樹と幼稚園児のそらは10歳以上年が離れていることになります。
兄妹の年の差がありすぎることに違和感を感じ、亜紀の実子ではないのでは?とネットでは言われています。
また母の亜紀(菅野美穂)が和樹のことを「お兄ちゃん」としか呼ばず、一度も下の名前で呼んでいません。妹のことは名前で呼んでいるだけにここにも違和感を感じます。

2、ベビーシャワーで亜紀がいじめられているのを無表情で見ているだけだった。

第2話のベビーシャワーの時に、亜紀が和樹の目の前で同じマンションのママ友にいじめられているにもかかわらず、止めに入ることもせず無表情で見ているだけでした。また、弓子も同様に無表情で見ているだけの様子が画面に映し出されており、これは二人が共犯関係にあるということを暗に示しているとも考えられます。

3、和樹には裏の顔があるのではないか。

第2話の最後に”優しくて気が利く家族思いの大変よくできた子”である和樹が不良グループと合流してどこかへ消えていきました。家庭内での顔とのギャップに和樹には深い心の闇があるように感じられます。

と、もちろん今までの伏線だけではまだわかりませんが、とりあえず今のところネット上で一番怪しいとされているのが
和樹説です。
確かに、「10歳差の兄妹」に違和感ありますね。
妹が好きすぎて、母親以上に妹が好きで妹の年代の子おおざなりにする人間がゆるせん!みたいな…??
そして、不良グループなんかは、皆親から粗末に扱われたものばかりだから気が合う…
兄妹が10歳以上差があるのは、一人目の子育てが大変でうまくいかなかったから
….などなどわたしの妄想もいろいろと膨らんでしまいました。
考えられないことはないですが、まだ2話ですから…。

スポンサードリンク

ネットの反応の和樹説

ネットでの和樹説の声を挙げてみました。

「次週予告のそらを連れ去る男が兄の和樹にしか見えない」
「犯人という意味ではなんとなくお兄ちゃんが怪しい」
「 兄の生い立ちになんかありそうで怪しい」
「お兄ちゃんが事件に関わってる気がしてきた」
「お兄ちゃん怪しい」
「10歳差はなんかわけがある」

出典:Twitter

タワーマンションの人間関係の怖さと連続幼児失踪事件の犯人捜しの面白さが共存しているドラマだと思います。
第2話では共犯説が浮上した上、和樹の裏の顔が見えたことで一気に和樹が怪しく感じられましたが、体操教室のコーチでもあり亜紀の昔の隣人である生方(岩田剛典)も怪しくなっていくのではないかと思え、今後の展開が楽しみです。

当サイトではサスペンス系で犯人を予想しまくっていますが、さすがに100%当てたことはありません。
部分的にはドンピシャの推理にはなるのですが。
今度こそ完璧に当てたいですね!

■関連記事

砂の塔見逃し配信ケース別で2分で分かる視聴方法

砂の塔のキャスト一覧

砂の塔の視聴率比較表

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA