2016
11.18

砂の塔お兄ちゃんは弓子の息子?ネットがざわつく!その場合犯人は誰?

2016年10-12月期, 砂の塔~知りすぎた隣人

砂の塔でお兄ちゃん役の佐野勇斗に違和感を持っている人が多いです。
5話で弓子(松嶋菜々子)と旦那(ココリコ田中)が知り合いだということがわかりました。
もしかしてお兄ちゃんは弓子の子なのでは?こう思ったのはわたしだけではないようです。
いろいろと推理してみたことをシェアします。

スポンサードリンク

砂の塔お兄ちゃんは弓子の息子?というネットのざわつき

お兄ちゃんは弓子の息子じゃないの!そんな声が5話あたりから大きくなっています。
ネットの反応を見てみましょう。

「お兄ちゃんは健一と弓子の子どもだと思う」
「弓子と健一は元夫婦でその子供が和樹だったのでは」
「弓子と亜紀の旦那、繋がってたんだ。ということはお兄ちゃんは二人の子どもなのか!?」
「第5話見たら、絶対、お兄ちゃんは弓子の子だと思った」
「前からお兄ちゃんと弓子が親子じゃないかと思ってたけど、当たりっぽい!」
「まさかの亜紀の旦那と弓子の子どもが和樹って展開なの?」
「お兄ちゃんと弓子さんと田中が元家族だったって話になるの?」
「やっぱり、お兄ちゃんはパパの連れ子で、弓子との子どもだな」
「いなくなった子供がお兄ちゃんだったってこと?」

出典:twitter

公式アカウントも面白いですね。実際橋口さん聞いてないですよね?

スポンサードリンク

お兄ちゃんが弓子の息子かもしれない3つの理由

1、亜紀の旦那と弓子が知り合いだった

第5話の最後にマンションのバーラウンジ前で旦那の健一(ココリコ田中)と弓子が出会った時に、健一がハッとした表情で「弓子」と名前をつぶやきました。このときの名前の呼び方が2人は以前、非常に近しい間柄だったと思わせるものだったので、二人は元夫婦だった、もしくは男女の関係があったのではないかと推測します。また、以前から和樹は妹そらとの年齢が離れすぎていることや亜紀(菅野美穂)の和樹に対するよそよそしい態度などから、亜紀の実子ではないのでは?という声が多かったのですが、二人の関係と、和樹のことを合わせて考えると、和樹は二人の間の子どもで健一の連れ子として亜紀との再婚の時に一緒に連れてこられた可能性があると思います。

2、弓子の標的は亜紀だけ

これまでマンション内のママ友がハーバード大学卒業と経歴詐称していたり宅配便の配達員と浮気していたことを亜紀が他のママ友にバラしたかのように仕向けられていました。
「悪い母に罰を与える」という部分だけ見ると、経歴詐称や浮気に罰が下った風にも見えますが、どれも最終的には亜紀を追い詰めるために仕組まれたと思われます。
和樹が弓子の息子であると考えると、弓子が息子の和樹を取り返すため、もしくは和樹の心の闇を救ってあげられない亜紀への罰として仕組んだと考えられると思います。

3、亜紀たちが真下に部屋に引っ越すのを仕組んだ

弓子は最上階に住む寛子(横山めぐみ)夫婦が投資目的で買おうとしていた亜紀たちが住む真上の部屋を高額な金額を出して手に入れ、引っ越してきました。偶然ではない、何か意図があるのではと考えてしまいます。どうしてもそこでなければいけないという異常な感じさえ受けます。真上であれば亜紀たちの暮らしを監視しながら、亜紀たちにも近づきやすいと思います。そして、息子を取り返すために亜紀を追い詰めていってるのではないかと思います。

お兄ちゃんが弓子の息子ならば犯人は?

これまで弓子犯人説も挙がっていましたが、弓子は実は健一と息子を監視しているだけなのかもしれません。
そうなると犯人は一体誰なのか?体操教室の生方コーチ(岩田剛典)が怪しいと思います。弓子が監視カメラで見張っているという話を亜紀から聞いて生方コーチは弓子に近づきましたが、これは真相を探るためではなく、自分の犯行が監視カメラに映っていなかったか、弓子に見られていないかを確かめるために近づいたのではないかと思います。

ドラマ「砂の塔」は回が進むたびに新たな謎が出てきて本当に面白いですね。弓子と健一の関係は?和樹は2人の息子なのか?弓子の目的は?毎回、気になることがありすぎて、放送時間が来るのが待ち遠しくて仕方がありません。私の推理は当たっているのか、これを確かめるという意味でもワクワクします。これからドラマの後半に突入していきますが、少しずつ謎が解けていくのでしょうか。今後もドラマ「砂の塔」の展開から目が離せません。

❒関連記事

砂の塔見逃し配信ケース別で2分で分かる視聴方法

砂の塔のキャスト一覧

砂の塔視聴率比較表を作ってみた

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA