2016
03.14

火村英生の推理9話、原作のシャングリラ十字軍はドラマと違う?!

火村英生の推理

火村英生の推理も、もう9話。前回アリスがシャングリラ十字軍に拉致された!?ってとこで終わりましたが、今回はどうなるの!?と楽しみにしていました。

美しきカリスマ、長谷川京子さんが演じる諸星沙奈江が率いるシャングリラ十字軍の事件は、ドラマとはちょっと違うんです!?

スポンサードリンク


火村英夫の推理のラスボス?シャングリラ十字軍は原作とちがう?

まず、今回の事件の元となった原作は「地下室の処刑」(「白い兎が逃げる」に収録)という作品です。ドラマ「火村英生の推理」の中では、アリスがシャングリラ十字軍に拉致され、地下室で監禁されているその目の前で事件が起きますが、原作では、アリスではなく刑事さんが十字軍に拉致されて、その人の目の前で事件が起きます。

ドラマ「火村英生の推理」では、第一話から長谷川京子さんが拘束された状態で収監されている映像がちらちらと出てきていました。原作では、9話の元ネタとなった「地下室の処刑」とドラマの2話の元になった「暗い宿」という作品に出て来るだけのようです。2話の元となった「暗い宿」ではシャングリラ十字軍というはっきりした名称は出てこないようです。

地下室の処刑」でも、原作では十字軍と火村とは直接かかわりがない設定です。ドラマのように、指導者が火村を気に入って、という設定はドラマオリジナルのようです。でも、長谷川京子さんの冷たい視線とか、どこか間違った雰囲気のある迫力のある笑顔とかが見ることが出来たので、そういう設定をプラスしてくれて、ありがとう!という気分です。

スポンサードリンク


9話の感想、大事な人をさっさと返してしまっていいのか!

シャングリラ十字軍があっさりとアリスを返してしまって、ちょっと拍子抜けです。そのまま、連れて行って、火村がアリスを追いかけるというのがよかったのに(にやにや)。でも、次回につなげるためには仕方がなかったのですかね。

上でもさんざん書きましたが、諸星沙奈江役の長谷川京子さんがとにかく迫力のある美しさで、圧倒されました。現在流れている化粧品のCMに長谷川さんが出ていたのですが、とてもさわやかな美人で、もともとはこんなにさわやかな人なんだ!と驚きました。

さて、次週!ドラマオリジナルかと思ったら、これも原作があるんですね!原作ファンの人は、「火村先生が好きなら、この話は絶対に読むべし!」と書いている人がいるほどの作品です。その紹介は、またいずれ。

来週で終わってしまうのがとってもさみしい、けど、楽しみにして待ちます!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA