2017
02.08

東京タラレバ娘4話感想とあらすじまとめ!ドクズ男たちと女の友情!

2017年1-3月期, 東京タラレバ娘

東京タラレバ娘第4話!いろいろ盛り上がってきました!妻子ある男性との恋、セカンドの恋、そして…?バレンタインにも絡めた話になってましたが、切ない!そして、女の友情!いいね~。温泉で飲みたい!みんなの感想もまとめてみました。

スポンサードリンク

東京タラレバ娘4話あらすじまとめと感想

東京タラレバ娘4話あらすじ

金髪イケメンモデルのKEY(坂口健太郎)に「あんたとは恋愛できない」と言われて落ち込む倫子(吉高由里子)。バレンタインデー一色の町に出ても憂鬱な気分。すると、本命チョコを選んでいる小雪(大島優子)を見つける。

香(榮倉奈々)を呼び出して話を聞くと、小雪の店の常連の丸井(田中圭)と付き合うことになったとの報告に喜ぶ二人に「結婚してたけどね」と告げる小雪。その場の雰囲気で、元カレの涼(平岡祐太)の部屋に言ったと告白する香。涼にはモデルの恋人がいるので、セカンド状態。

ある日、小雪は商店街の福引で温泉旅行のペアチケットを当てる。父親に内緒で丸井と旅行に行こうとする小雪に苦言を呈する倫子。だが、小雪はそれに反発。そして、香も巻き込まれ、それぞれでけなしあう喧嘩状態になる。倫子は二人を残したまま、店を出る。

3人が連絡を取り合わないまま3日が過ぎ、その間に香はまた涼の部屋に行き、小雪は丸井と待ち合わせの場所へ行く。しかし、丸井は「家族が入院することになった」とドタキャンする。香も涼の彼女が帰ってくるから、とお土産のケーキも持たされ、部屋を追い出された。

一方倫子は、3人で過ごした日々を思い出していた。香がネイルサロンを開いた日、小雪が調理師免許を取った日、倫子の書いた脚本がドラマになってテロップに名前が出た日。それぞれ、みんなで祝いあってきたことを、記念写真を見ながら思い出していた。

そして、直接二人に謝ろうと家をでたところで、撮影中のKEYとばったり。女同士つるんでいるからダメなんだ、と言われたことへの反論をする倫子。戸惑いながら微笑み「ま、俺には関係ないけど」と答えるKEY。

その後、丸井と行くはずだった温泉旅館に一人で行った小雪と合流し、三人は友情を確かめ合いつつ、呑んだくれるのでした。

まるで、最終回なんじゃないか、と思うような「友情っていいな~」という終わり方の4話でした。

個人的感想「原作と変えてきた!」

小雪や香が今の状態を不毛だ!と思うのが早いな~というのが正直な感想。ま、その方がみていてすっきりしたけど。でも、予告を見ると、まだずるずるいっちゃいそうな雰囲気…。そして、やっぱりKEYが優しい!というか、倫子さんのこと気にしてますよオーラがやっぱり出てるよね。原作のKEYはこのあたりでは、まだどうなのかな?って雰囲気だったのに。

でも、あえて原作と変えて、「女の友情ってイイ!」ってしてきたのがまたいいんじゃないかな。原作を読まない人も読んだ人もそれぞれで楽しめる流れになっている!

まあ、原作の熱烈ファンは、少し離れるのかもしれませんが、原作は原作、ドラマはドラマ、ですよね。

それより、予告の速水もこみちさんにテンションMAX!バーテンダー男の話はすっとばして、次の恋愛に行くのか!?と思っていたので、ちゃんとそこもやってくれるんだ~とほっとしました。次はKEYの結婚話も絡むのかな?

そして、丸井も涼もドクズ!女を何だと思ってるんだ!

スポンサードリンク

東京タラレバ娘4話放送後のTwitterでの反応

4話放送後のTwitterの感想を拾ってみました。

「自分のネイルサロン持ってる香はとりあえず勝ち組」
「なんやかんや言って、急の招集で温泉旅館まで行ける財力があるだけいいんじゃないかと」
「3人が仲直りしてよかった~」
「タラレバ娘の原作漫画買うかな」
「大島優子肌がすごくきれい!」
「東京タラレバ娘おもしろい!女なんてあんなもんだよ(笑)ね」
「女の友情ってやっぱいいよね~」
「東京タラレバ娘見てたけど、アラサーというよりはアラフォー寄りの価値観」
「東京タラレバ娘見て、号泣した!」
「大人の女の友情っていいなあ」

3人の友情の美しさに涙したのでしょうか?
共感する感想がたくさんありました。

いざっていう時に来てくれる友達!ありがたいですよね。
恋も大事だけど、友情も大事だ!仕事も大事だけど、友情も大事だ!
さて、来週のもこみちがどんなことをしてくれるのか、今から楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA