2017
02.01

東京タラレバ娘3話感想!原作とは違う?キュンキュンしたセリフを集めてみた!

2017年1-3月期, 東京タラレバ娘

[ PR ]

東京タラレバ娘、第3話!原作も読んで見ているのですが、原作よりもドキドキしちゃいます。恋愛ドラマっぽい(笑)原作通りなものも、そうでないものも含めて、感想と共に、キュンキュンしちゃったセリフを集めてみました。

スポンサードリンク


東京タラレバ娘3話感想とキュンキュンしたセリフをあつめてみました

東京タラレバ娘、前回、いきなりの2つのラブシーンに、みんなきゃ~ってなっていましたが、一夜あけて、彼女がいることを知った香と、相手が跡形もなく居なかった倫子。なんだかな~な朝を迎えます。

前半はKEYの行動にもやもやする倫子と、ふとしたことで出会った35才サラリーマンの丸山との出会いに胸ときめかす小雪が中心で話が進みます。

ここのところで胸キュンとした言葉は、KEYの
「終わってなかったじゃん」
ですね。倫子があの夜「仕事も女としても終わってるのよ」って言った言葉をちゃんと憶えていたんだな~ってところが、ちょっとドキっとしちゃいました。

そして、その前になりますが、早坂さんの
「脚本家としての倫子さんを応援したいんだ」
ってのも、どきっとしますね。脚本を降ろされて、お金がなくてADとしてでも働きます!と言った倫子に対してのセリフでした。原作の早坂さんは、もっと頼りないイメージだったんだけど、やはり鈴木亮平さんというキャスティングだからでしょうか。頼っちゃいたい!って感じに見えます。

そして、後半。
結局、元カレ涼とのことを友だちにも話せなかった香、ここ、原作だとみんなに話して「セカンドなんてやめときな~」って言われるんですよね。言わない設定にした理由がよくわからないけど、とりあえず、3話ではまだみんなは知らないって感じですね。そして、KEYが小雪の父の店「呑んべえ」に涼を連れてきて再会。また、自宅に連れ込もうとする涼に、香は「涼ちゃんのこと好きじゃない」といいます。
そこで、涼の一言
「でも、オレは香のこと好きだよ」
そして、捨てられた子犬のような顔。ほだされますよね~。彼女と別れるとか、彼女よりも好きとか、そんなことは言わない。好きなものは好き。
「涼ちゃんのその顔に弱い」って香が言うのもわかります。そして、二人で手をつないで歩いて行く…。やめとけ~。

小雪は小雪で、閉店間際に駆け込んできた丸山にどきっ。
「だって、今日来るって約束したから」
って、なんでもないセリフなんだけど、やっぱりどき!
「好きになってもいいですか?」からの「でも、もう好きになってるかも」ですよ!
これで、最後の「結婚していますけどいいですか?」がなければ、言う事無いのに!
「だけど小雪さんが嫌なら辞めます」は優しさじゃないぞ~!
でも、田中圭さんに悲しげにそんなこといわれて、ほだされない女がいるだろうか、いや、居ない。

最後はまた倫子とKEYで、名前を聞いて、自分の名前を言おうとしたら、
「鎌田倫子…でしょ?」
って、知ってるんだ!ってそれだけで舞い上がっちゃいそう。
「なぜ、自分から聞きに来ない?」
「オレの返事を聞いてから自分の答えを出そうとしている」
「そんな女とは恋愛できない」
これ、倫子の立場から聞くから結構胸にズキッと来る言葉だけど、離れた所から見ると、「嫌いな人にはそんなこと言わなくない?」って思っちゃいますが…。自分から来て、はっきりさせて、って言ってる?

なにより坂口健太郎くんの演技がちょっとせつなそうだったのが、ツボでした。

原作を読んでいると、この後の展開も予測出来るんですが、でも、ドラマはドラマで変えてくる、ってこともあるのかな~と思います。KEYがなにより倫子さんに優しい!ちょっと好きっぽい雰囲気がダダ漏れ!

いやいや、次週も楽しみです。

スポンサードリンク


Twitterでのみんなの反応

3話を見ていたみんなの反応です。

「タラレバに出てくる俳優さんがことごとく好きなタイプ」
「タラレバ小雪の気持ちがわかりすぎる」
「吉高由里子と一緒に飲みたい!」
「女子校みたいなノリ」
「坂口健太郎は完全に日本人だけど色白だから金髪が似合うなあ」
「スーツ姿のイケメン年上と恋愛したい!」
「タラレバきゅんきゅんする!と思ったら既婚者かーい!」
「愛が欲しい、愛が何処じゃ-って叫んじゃうのも共感しちゃう」
「タラレバみてたらがんばらなくっちゃ!て思えた!」

皆さん、共感している感想が多かったです。
田中圭さん、最初キャストをきいた時はどうなのかな?と思ったんですが、可愛らしい系スーツ男子、どはまりですね。

妄想に出てくる理想のKEYもたまらないですが(笑)、やはりドSなKEYが楽しみです。
逃げ恥につづいて胸キュンさせてくれるドラマとして、期待しています!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
[ PR ]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA