2016
09.13

東京タラレバ娘の原作の感想をまとめてみた!「アラサーの現実」「いろいろ学べる」「目を背けたいことを言ってくる」

2017年1-3月期, 東京タラレバ娘

2017年1月から冬ドラマとして『東京タラレバ娘』が始まります。吉高由里子さんが主演ということで、既に原作が出ているので
原作ファンは非常に盛り上がっております。
原作の評判はどうなのでしょうか?気になりましたので『東京タラレバ娘』の原作の感想をまとめてみました。

スポンサードリンク

東京タラレバ娘の原作の感想まとめ

東京タラレバ娘はKissコミックで連載中の漫画です。
ポジティブな感想、ネガティブな感想の順に紹介していきます。
ソースはアマゾンで、3.8点ということで非常に高いですね。

■ポジティブな感想

「主人公の駄目な部分を変えようと姿が良い」
「30代以降の人々の毒気を表現したような作品」
「ありがちな話に「ドキッ」っとしつつ面白かった」
「少子化対策に20代女子に配布してほしい」
「アラサーの現実をよく表現されている作品」

「男は女の80%が好きで女は男の80%が嫌いという言葉が印象に残る」
「東村アキコの独特なギャグが冴えている」
「今までの恋愛の価値観を捨てて新たなステップに進みたい人にオススメ」
「色んな角度から読める作品」

「この漫画をニヤニヤ笑い飛ばせる人は幸せそう」
「痛いお話だが面白い」
「20代の時に読んでみたかった」
「この漫画から色々な事を学べる」
「これぞ東村作品といった感じだった」

■ネガティブな感想

「もうちょっとリアルな設定でも良いような気がする」
「ご都合主義マンガって感じ」
「何の努力もしてないのにイケメン男に惚れられて何だかな」

「おもしろくなかった」
「主人公の精神年齢が低すぎる」
「心が壊れた」
「目を背けたい事を結構言ってきていて傷ついた」

出典:http://goo.gl/m6Xvc6

といったようにレビューもかなり多かったです。

この作品は気に入る人と気に入らない人に分かれやすい作品みたいですね。
現在独身アラサーの人達には「結構刺さる言葉が多かった」
といった意見をたびたび見かけました。

スポンサードリンク

東京タラレバ娘のあらすじについて

東京タラレバ娘のあらすじを簡単にご紹介します。

脚本家の倫子は恋も仕事も上手くやっていきたいのですが現実はそう甘くなく、同じくアラサー独身女子の香、小雪と焦りながら女子会を繰り返す毎日を過ごしています。
なんだかどこにでもいそうなOLという設定ですね。

「タラレバばかり言ってたらいつのまにかこんな歳になっていた」
「綺麗になったらいい男が釣れるかも」
「好きにならないと結婚出来ない」

みたいな話ばかりしていると突然、年下の金髪イケメン男に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまいました。
そこから始まる物語。イケメン男や友達、倫子の変化が楽しめる話となっています。

いかがでしょうか。
東京タラレバ娘は2017年1月から毎週水曜日に日テレで放送されます。
イケメン男は誰がやるんだろう?と気になりますね。

また倫子が吉高由里子さんということですが、ネット上では賛否両論がありましたが、わたしのイメージではぴったしだと思いましたけどね(笑

イケメンは絶対ジャニーズを持ってくるんだろうな…伊野尾くんとか来そう…。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
minogasiitiran

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA